So-net無料ブログ作成
検索選択
怪しい鉄道 ブログトップ
前の30件 | -

TGV世界最高時速達成車両 [怪しい鉄道]

鉄道ネタも続きますが、
オリエント急行が出発する間際にパリ東駅に到着したのがこのTGV。
先頭車両には「4402」とともに側面に“574.8km”の文字が!
TGV
(↑クリックすると大きくなります)
そうです。この車両4402編成こそ、鉄道のスピード世界記録である

時速574.8km

を出した車両なのです!!
当時は特別編成だったので、今入線しているものとは別物ですけどね。
ただ、先頭車両はまぎれもなくそのときのもの!
時速最高記録達成
左右で書いてある文字が違います。
正面から見て右側が英語、左側は…仏語かな?
いずれにしても、思いがけずこんなものも見れてラッキ〜♪

オリエント急行 [怪しい鉄道]

3日、ロンシャン競馬場へ向かう前に、朝パリ東駅へ出かけました。
この日、オリエント急行が着くというので、見に行ったのです〜
オリエント急行
(↑クリックすると大きくなります)
ちょっとホテルを出るのが遅くて、駅に着いたときには
すでに列車は到着していました。
オリエント急行
(↑クリックすると大きくなります)
正確には「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス」というそうです。
元々の車両はほとんどなく、復元されたものが多いそうですが、
日本にはない雄大さを感じます。
オリエント急行
(↑クリックすると大きくなります)
太陽がホーム側から注いでいたので、車両に日光があたってしまってますが(汗)
オリエント急行
しかし、定期観光列車として走っているので、
こちらの人にとってはさほど珍しくもないんでしょうねぇ…
オリエント急行
見に来ているの、ワシしかいなかった(汗)
オリエント急行
スーツ着てたから、列車のスタッフの人にも「乗るんですか?」と聞かれたし(笑)
日本人も乗ってました。
88年日本にオリエント急行が来たときは、東京駅まで見に行きましたが、
人だらけで写真なんてまともに撮れませんでしたからねぇ…
あ、そのときのオリエント急行は別会社のもので、この列車ではないそうです。
出発する風景を動画に収めようと思ったのに、メモリーホテルに置き忘れてきました(涙)
でもまぁ、いいもの見れました〜♪

ケルンへ移動中 [怪しい鉄道]

ブリュッセル南駅
ブリュッセルでの2時間弱の滞在も無事終えて、
再びブリュッセル南駅へ。
タリス9421
今はブリュッセル南駅からタリスに乗ってドイツのケルンへ移動中です。
ここからは、まったく未知の世界です〜
1等車
タリスも両方とも1等車を取ったのですが、
ブリュッセルからの9421列車は2人掛けの席で、しかもコンパートメント席でした。
まぁ対角線の席にフランス人の方が1人座っていただけだったので、
ゆったり過ごせましたけどね。
この時間のタリスは、昼食が出ます。
が…なにしろフランスからドイツ、オランダ方面へ向かう列車なので、
食事を何にするか聞かれたのですが、まずフランス語、次にドイツ語、
オランダ語、最後に英語なんです。
あ、車内放送も4ヶ国語です。
なので、ドイツ語の時点で、もう何でもいいともって、
一番最初に聞かれたもので「Yes」と答えたら、魚が出てきました(笑)
タリスのランチ
おおっとサーモンです♪
スモークサーモンではありませんけどね。
パリでは食べる機会もなかったので、ラッキーです。
今ドイツ国内最初の停車駅「Aachen Hbf」に到着したところです。
途中の景色には牧場がちらほらと見えてました。のどかです〜
さて、この先無事に旅を続けられるかどうか…(汗)

特急「タリス」乗車中 [怪しい鉄道]

今タリスの車内です。
タリスにはWiFiサービスがあるんですが、
2年前のアカウントも生きていて、すんなり接続できました(笑)
パリ北駅
(↑クリックすると大きくなります)
朝7時過ぎにパリ北駅へ到着。
列車は基本的に乗車OKの状態にならないと発車ホームは記載されませんので、
まだこの時点では何番ホームから出発するのかわかりませんが、
基本的にタリスは決まったホームからしか出ませんので、そのあたりで待機。
タリス9413
(↑クリックすると大きくなります)
このタリス9413列車で、まだ薄暗い中ブリュッセルへ向けて出発です。
基本的に高速列車専用線を走ります。
パリ市内を過ぎれば時速300kmで走行するんですけど、
景色が畑ばかりなのと、揺れも少ないのとで、体感速度はそこまで速くないです(汗)
タリスのモーニング
1等車には朝食も出ます。
パンと生ハムはうまかったな〜
さて、あと30分くらいで因縁のブリュッセル到着。
今回はスムーズにいきたいものです(汗)

今度は乗れた「SLばんえつ物語号」 [怪しい鉄道]

さて、朝から新潟へ何しに行ったのかというと、
2年ぶりに「SL磐越物語号」に乗りに行ったのです〜
今回は“チーム落語”の3人で行きました。
ワシは2年前のマヌケな旅以来で、もちろん連れて行く2人は初めてです。
SLの発車が9:43で、新幹線の新潟着が8:57分でしたが、すでにSLは入線していました。
まだ人が少ないうちに、写真を撮っておきましょ〜
C57-180
ん〜黒いボディ、いいですね!
旅心をくすぐられますよ。
最新型の車両もいいですが、たまにこういう風情ある列車にも乗りたくなります♪
胴体部
車輪もおおきいですよ。
ホームに隠れていても半分見えてるくらいですからね。
後方から
前から見るより、後ろから見たいほうが車体が長く感じます。
出発前は、運転室も見せてくれるんです。
SLの機関室
まだ午前中でしたが強い日差しで暑いホーム上。
でもそれに輪をかけてあついのが運転室でした!
石炭はインドネシアやマレーシアから持って来てるそうです。
中では運転手になった気分で写真も撮らせてくれますよ。
で、中を見終わった頃、接続列車が着いたのか、ものすごい家族連れでSLの周りがいっぱい!
とても写真が取れる状態ではなくなったので、車内へ〜(汗)
客車も2年前とは変わっていません。
客車
12系客車のレトロ風です。
今回は7号車で、SLからは一番離れた車両でした。

列車は定刻どおり出発。のんびりしたものです。
新津で接続の普通列車が遅れていたので、数分遅れで出発ですが、
まぁどうということはありません(笑)
会津若松に着いたらたらふく食べるつもりでいたので、
あまり食べないようにと思ったのですが…ダメですね(笑)
SL弁当
新津を過ぎた頃売りに来たSL弁当を早速買ってしまいました〜
器は陶器でできていて、重厚感があります。
中は見た目ほど大きくないのですが(笑)
子供が好きそうなおかずがたくさんです。
あ、ご飯は下の方に敷いてありますよ。

風景
列車は阿賀野川沿いを走るので、
田園風景と川沿いを走る風景を楽しむことができます。

列車は津川駅でSLの給水や点検を行うために、10分ちょっと停車します。
この間にいろいろ撮影ができるんです。
津川駅にて
(↑クリックするとデカくなります)
ここは線路と同じ高さから撮ることができるので、
SLの大きさをよりいっそう体感できます。
津川駅にて
(↑クリックするとデカくなります)
駅からみた動輪も、同じ目線で見るとものすごく大きいです!
わしの身長よりも大きいかな?
風景
上からも撮ってみました。
石炭の量が半端ないです!これを暑い中せっせと入れていく…
想像を絶する重労働ですね。

給水を終えると再びSLは動き出します。
風景
一番後ろの車両にいるので、カーブに差し掛かると、
SLの走る姿を見ることができます。
これはいいですね〜
煙のせいで白っぽくなってしまいますが、それは仕方ありません(汗)

さて、車内ではイベントとして「子供1日車掌」というのがあって、
応募した子供たちが検札に来たり、アナウンスをしたり、楽しそうでした。
一般客向けのイベントとして、車両ごとに抽選でピンバッチをあげる…というのがあって
記念のピンバッチ
なんとワシ当たってしまいました(笑)
2年前は確かジャンケンをしたような覚えがありますが、
今回は抽選でした。
まぁ大人のワシがもらうより、子供がもらったほうがいいだろうと思い、
向かいのBOXにいた家族連れの男の子にあげました〜
…ただ、バッグ帽子に「SWALLOWS」と書いてあったので若干抵抗が…(笑)

さて、出発から約2時間。列車は山都駅に着きます。
ここで最大の(?)イベントがあるのです。
新潟発のSLでしか買えない数量限定のお蕎麦の弁当があるんですよ。
これを楽しみにしていたんです〜
山都駅にて
販売は3号車の4号車寄りの出口前。
到着前にスタンバイしていたので、2番目に買うことができました♪
買った後に振り返ると、長蛇の列!
でも、とてもその人数分はなさそうです…
よかったぁ!!
山都は蕎麦が名物で、打たせてくれる体験コースもあるらしいです。
ここで結構降りる人もいましたよ。
さて、では早速食べてみましょう!
山都そば
茹でてから若干時間がたっているのはご愛嬌ですが
下に氷もあって、
まだ溶けずに残ってましたから、できてからそんなに時間は経ってませんね。
いやぁ単なるもり蕎麦ですが、列車の中で食べるとうまいですね〜♪
香りもあるし、上々のできですよ。
食べ終わると、SLの旅も終わりを迎えます。
無事会津若松へ到着し、旅の前半は終わりました。

さらば餘部鉄橋 [怪しい鉄道]

餘部駅に着いたとき、太陽が出るいい天気になってました。
昨日の予報では曇りときどき雨でしたが、これは幸運です♪
餘部駅

ホームにはたくさんのお客さんがいました。
さすが最終日前日ですね〜
実は、餘部までの列車にもツアー客とガイドさんがいいました。
思い出があるのでしょうねぇ年配の方が多かったです。
ワシも通過したことがあるだけで、橋そのものを見るのは初めてです♪
見送り

乗ってきた列車が橋を渡り終えるのを見届け、下へ降ります。
下りる坂はかなり急ですよ。
晴れてるからいいようなものの、雨だと確実に滑りますよ、ここ!
この降りる途中からも橋を眺めるポイントがあります。
餘部鉄橋
(↑クリックするとデカくなります)
もう半分以上の橋げたには、工事用のネットが張られてるんですねぇ…
まぁ2日後から架け替え工事スタートですから、当然といえば当然ですけど、
風景としてはちょっとがっかりでした。
完全な橋を見たければ、もっと前に来いっていう話ですね〜
奥に見えるのが、新しく架け替えられる橋です。
下まで降りて、橋全体が見渡せる場所へ移動します。
その移動途中に、下り列車が!(汗)
餘部鉄橋列車通過
(↑クリックするとデカくなります)
慌ててカメラを用意したので、場所が悪かった…
代行バスのバス停

大通りに出ると、代行バスのバス停がありました。
餘部鉄橋
(↑クリックするとデカくなります)
そして左に海、右に橋という景色の大通りを進むと、橋全体が見渡せる広場に出ます。
餘部鉄橋
(↑クリックするとデカくなります)
名称が書いてあるところです。
餘部鉄橋
(↑クリックするとデカくなります)
奥の新しい橋がつながっていませんが、
ここからが移動と回転する部分なんでしょうかね。
小さな展望台があったので、そこに上って次の列車を待ちます。
バスで見に来る観光客もたくさんいました。
…なんか味気ないよねぇ(苦笑)
次に橋を通過する上り列車は10分ほど遅れて発車。
これが通過を撮れる最後の列車なんですが…
餘部鉄橋上り列車通過
(↑クリックするとデカくなります)
昨日までの天気が嘘のように日差しが強くなってきて、
色合いがおかしくなっちゃいました(苦笑)
餘部鉄橋
(↑クリックするとデカくなります)
中に乗ってる人、大勢いますね〜
ってか、動いている列車をブレずに撮るのは難しいです。
シャッタースピード重視だと、日差しのせいもあると思いますが、色は悪いですねぇ…
もっと腕を磨かなければいけません(苦笑)
餘部鉄橋
(↑クリックするとデカくなります)
そうこうしている間に、列車はトンネルの方へ…
さてと、駅へ戻りましょう。
戻る途中、橋を真下から眺めてみました。
真下から
(↑クリックするとデカくなります)
スケールの大きな橋ですね。
こんな橋が100年も前に作られていたとは、実際に見るとあらためて驚かされます。
駅に戻りましたが、もう数人しかいませんでした。
先ほど撮った列車で、ほとんどの人が帰ってしまったのでしょうねぇ…
駅からの眺め

時間は夕方5時前。橋からの海の眺めもいいものです。
晴れていればこその海の色です。
ワシの乗る列車が来る前に、踏み切りから橋を撮っておきます。
踏切から鉄橋を臨む
(↑クリックするとデカくなります)
なかなか生では見られない光景です。
アングル下すぎ
(↑クリックするとデカくなります)
…これはちょっと下から過ぎましたかね(汗)
新旧の橋
(↑クリックするとデカくなります)
右側の新しい橋。この先に見える部分が移動するんでしょうかね。
さて、これで餘部鉄橋とはお別れです。

あれ?「能登」がいる [怪しい鉄道]

混雑する金曜の夜…
上野駅の発車時刻表に「能登」の文字が!
時刻表
ありゃ、先週で終わったのに、バグか?と思ったのですが、
よく考えたら臨時に格下げになったんでした。
せっかくなので16番線へ見に行きました。
この日が臨時として走る初日なんですよね〜
待っていると、尾久方向からライトが近づいてきます!
「能登」入線
着いたのは485系でした。
ヘッドマークは当然「回送」です。
ヘッドマーク回転
「北越」や「はくたか」などのヘッドマークが回った後
ヘッドマーク回転
「能登」になりました。
が、これには乗れないんですよねぇ…
「能登」
6両編成で、全席指定なんですよ。トホホ
大宮までグリーン車に乗るより安くて、平日は重宝していたんですけど(笑)

−過去の記事−
さよなら「能登」「北陸」

さよなら「能登」「北陸」 [怪しい鉄道]

本日よりダイヤ改正。
昨夜発をもって、夜行の急行「能登」と寝台特急「北陸」が廃止となりました。
…正直、思い入れがないので、淡々とした感じなんですけどね(笑)
「能登」は仕事帰り疲れているときに上野-大宮間でお世話になりましたが(笑)
北陸は1度も乗ったことないしねぇ…
でもまぁ最後ですし、上りを見に大宮駅まで行ってきました。
時間的に電車で来られる人が少ないせいか、全部合わせても50人もいなかったでしょうね。
平和的に撮れました。
「能登」入線
が、ちょっと停車位置とほぼ同じところに立っていたせいで、
いい写真は撮れませんでしたねぇ…
「能登」
薄暗い中、動くものを撮るには、
ワシにはまだまだ技術と経験が足りません…
横からヘッドマーク
「能登」が去ってすぐ、583系の団体専用列車が入線。
「わくわくドリーム」
ディズニーランドへ行く「わくわくドリーム」号でした。
こりゃまた初ですね〜
なんだかんだ、年1回くらいは583系見てますねぇ
そして、北陸が到着。
「北陸」入線
ん〜目も当てられない写真ばかり…
横からヘッドマーク
これならコンデジの方がマシだったかも(苦笑)
まぁ一応コンデジでも何枚か撮ったんですけどね。
修行が足りん!ってことで〜

これで、関東で見られる寝台列車は「あけぼの」だけになってしまいましたねぇ…
ワシが子供の頃、朝3時間くらい東京駅にいるだけで、
10本近く見られたのに…
時代ですねぇ

さらば500系のぞみ [怪しい鉄道]

さて、2001回目の投稿です〜

ワシの一番好きな新幹線である500系が「のぞみ」の運用から外れ、
新大阪-博多間で「こだま」に転用されるとのこと。
その500系のぞみの最終日が今週いっぱいだったんですよ。

なぜ金曜日にイトシアの「トラットリア コルティブォーノ東京」へ行ったのかというと、
テラス席から有楽町駅が一望できるので、新幹線がよく見えるんですよ。
それもあって、行ったんです。
有楽町通過ののぞみ29号
ほぼぶっつけ本番でしたが、ワシにとってはまぁまぁの写真が撮れました♪

新横浜駅
で、最終日は一応乗り収めということで、
新横浜から東京まで乗ることにしました。
500系グリーン車
普通車はこだまでも乗れるので、もう廃車になってしまうグリーン車に乗りました!
グリーン車内
グリーン車のシートは、一番ふかふかだし、お金かけてると思うんですよねぇ
これがなくなると思うと残念ですぅ…
ぜひイベントなどでこの椅子が売られていた場合は買いたい!!
窓際だと圧迫感があるいう意見の多かったらしい500系ですが、
普通車も含めて乗り心地は抜群によかったですよ、ワシには。
ドア
その極端なまでの円形も、今日で東京とはお別れです〜
車内アナウンスで
「東京駅の1号車から3号車付近はたいへん混雑しているとの情報が入っております。
お降りの際はなるべく前よりの車両からお降りください。」
と…やっぱりそうかぁ!
東京駅に滑り込んだとき、かなりの人がいましたからね!
降りてからは、16号車側へ移動。
17番線最後尾
ごった返していますねぇ…
でも完全廃車ではないからでしょうか、思ったほどでもありませんでした。
“想定の範囲内”っていうやつです〜
ですがこのままでは撮れないので、18番線ホームへ移動。
なんとか撮れました。
18番線より
全体的にスムーズでしたが、やはり罵声をあげてるバカが2名ほどいました。
最後の東京駅
東京駅とはこれでお別れです。
のぞみ29号が動き始めたとき、拍手がパラパラ…
まぁ新大阪行けば見られるだけに、こんなものかな。
でも、好きな車両が見られなくなるのは寂しいっす。

ベルギーで列車衝突事故 [怪しい鉄道]

一昨年ベルギーへ行ったときに、ブリュッセル南駅で撮ったものですが、
たぶん衝突車両と同型じゃないかなぁ…
ブリュッセル南駅にて

ブリュッセル南駅にて

減らないクソ鉄道ファン…ファンとは呼びたくないな [怪しい鉄道]

毎日新聞より…

 14日午前10時40分ごろ、大阪府柏原市のJR関西線河内堅上駅近くの線路脇にカメラを持った男性ら3人がいるのに、加茂発天王寺行き快速電車の運転士が気づいて停車。直前に回送電車の運転士が同じ場所で線路に立ち入っている約50人を目撃しており、別の普通電車も人影に気づいて停車した。上下計19本が運休、26本が最大約40分遅れ、約1万3000人に影響した。

 団体客専用の臨時列車「あすか」の運行があり、鉄道ファンらが撮影に集まったらしい。JR西日本と府警柏原署によると、快速電車の運転士が退去を求めたが数人が聞き入れず、周辺駅から応援の駅員を呼んだり、パトカーが出動する騒ぎになった。全員立ち去ったが同署が列車往来危険容疑で調べている。

 あすかは車内を座敷に改装した珍しい車両。運行が年数回のため、撮影しようと人気が高いという。この日は新大阪駅発着で、奈良、京都など経由。ファンが集まった場所はカーブがあり、背景の山など自然が美しい“撮影スポット”だったという。乗車したファンの男性(21)は「線路脇の斜面で撮影している人もいて危険だった。大半のファンはマナーを守っており、同一視されるのは迷惑」と憤慨。JR西は「鉄道好きだからこそ、マナーを守ってほしい」と話している。



とりあえず、死ね!

そのまま轢いてしまえばよかったんだよ。
そうすりゃ事故死なら実名出るし。
で、事故になったので、この手のイベント列車自粛で、
生き残っても全国のテツから袋叩きだよっ
ホント、こんなクソな連中と同じとは思われたくないねぇ(苦笑)

こんなところに「夢空間」が! [怪しい鉄道]

ぶらっと…新三郷の「ららぽーと」へ行ってきました。
できたばかりでキレイですね〜
ヨーカドーも入ってるんですけど、中はやっぱり広々していて、いいですね。
で、お肉のコーナーを見たら鶏皮があったんですけど、
さいたま新都心のヨーカドーにあるものと違ぁ〜う!!
いつも買ってる鶏皮は、パックの中に無造作に皮が詰め込まれていて
(↑まぁそれでいいんですけど)
ダイエーでもヨーカドーでも100gあたり80〜90円するんですよ。
前に住んでいたとき西友で買っていた鶏皮は30円台だったので、
値上がりしたのかな?と思っていたんですよ。
ワシは鶏皮を“安いから”ではなく“食べたいから”買っているので、
別に値上がりならそれで仕方がないと思っていたんですよ。
鶏皮
が、ここの鶏皮はきちんと1枚1枚伸ばされてきれいにパッケージされているうえ
100g48円!安い!!
やっぱりそうだよね?
このくらいの値段が妥当だよね?
同じヨーカドーなのに…

大宮付近はぼったくってるぞ〜(爆)
あ、本題はそこではなく…
イルミネーションがきれいですよね〜
新三郷のイルミネーション
これは屋根の部分についているものですけどね。
ツリーとかもあったんで、撮りたいなぁと思ったのですが…
バカップルが10分以上いろんなポーズで撮りやがって!!
そこまで待って撮るものでもないし、諦めて帰ろうとしたとき!
見たことのある車両が目の前に!!
オハフ25 901
なんと、JR東日本がつくった特注寝台車「夢空間」のラウンジカーではないか!
おぉ〜なぜこんなところに…
ぜ〜んぜん知りませんでしたぁ!
1度乗ってみたかったなぁ〜
イルミネーションに囲まれてる姿も悪くないが、
やっぱり線路の上を走る姿が一番いいよ。
そして、外からではなく中から車窓を眺めたかったなぁ…
説明
帰ってから調べたら、建物の裏側の方に、ダイニングカーも展示されているとか。
くぅ…見逃した!残念っ

鉄道ファンとしてある種の夢を叶えた瞬間 [怪しい鉄道]

鉄道ファンならば、1度は思ったことがある…はず(汗)

家の椅子を特急列車の椅子にしたい

ということです(笑)
興味のない人にとっては奇特としか思えないことなのでしょうけど…
でも事実、鉄道関連のイベントで、廃車になった車両の部品即売会なんかをやると
座席なんかは即完売になるんですよ。
ワシも実家に住んでる頃から欲しいと思ってたんですよね。
その頃はさほどの需要もなかったし、
価格もそんなに高くなかったので買えるお金もあったんですけど、
置く場所がなかったんですよ。
で、自分の家を買ったら、ぜひとも置きたいと思ってたんです。
が、今の立場ではイベントなんかは土日なので行けない上、
需要が高まったのか、オークションなんかにたまに出るのを見ると、
7,8万くらいでべらぼうに高いんですよ。
そんなこんなで1年くらい探していたんですが、
先日ついに手ごろなものを見つけました!!
東北新幹線に使われていた200系の普通車座席、3人がけです。
ホントはグリーン車の座席がほしかったんですけど、
価格も思ったより安かったので、勢いで買ってしまいましたぁ!
で、今日届いたんですよ。

じゃ~ん♪
新幹線200系の座席
どうですか!
…といっても、羨ましいと思う人はほとんどいないでしょうけど(笑)
ところで、この座席、重さがなんと120kg以上!
運送会社の人が2人がかりでも辛そうな重さでした。
グリーン車の座席だったらソファーの代わりにしようと思ったのですが、
とりあえずバックヤード的な部屋へ(汗)
ともかく、念願がかないました~

「何に使うの?」などという質問はしないように(笑い)
nice!(0)  コメント(0) 

ポケモン新幹線2009その3 [怪しい鉄道]

「はやて」に使われているE2系2000番台です。
わずかな停車時間では、10両全部を撮ることができず、
2編成に分かれています。
1〜6号車はホーム側から、7〜10号車は別編成をホームと反対側から撮ったものです。
なので、向きが逆になってます(汗)
1〜2号車と3〜4号車です。
E2系2000番台

5〜6号車です。

編成変わって、逆側からの写真で7〜8号車と9〜10号車です。

−過去の記事-
 ●ポケモン新幹線2009その2
 ●ポケモン新幹線2009その1

ポケモン新幹線2009その2 [怪しい鉄道]

ポケモン新幹線、2列車目は「こまち」に使用されるE3系0番台です。
折り返しは「なすの」でした…
アニGIFで。
後ろから撮っているので、16号車から順に11号車までです。
E3系は、普通車も2x2ですから、シートが広々していて
いいですね♪

こんなときに「East i」が… [怪しい鉄道]

昨日は研修だったのですが、ちょっと時間が迫っていたので
大宮から新幹線上野まで。
で、13:19発のなすの272号が2分前に入線。
座って一息ついたとき、向かいの13番線に
なんとJR東日本の“ドクターイエロー”こと
East i」が入ってきたではありませんか!
思えば、だいだい火水のお昼前後に姿を現すことが多いという
情報がありましたが、そんなこと考えもしませんでした。
余裕があれば、降りて写真を撮りたいところですが、
ここで降りたら研修に間に合うかギリギリになってしまいます。
それは避けなくてはいけません…
泣く泣く、窓越しの撮影となってしまいました。

目の前にレアな列車がありながら、見逃さなければいけないこの辛さ(苦笑)
く、悔しぃぃぃぃいいいいいいい!!
ん〜こりゃ来週あたりリベンジする必要あり!(笑)

ポケモン新幹線2009その1 [怪しい鉄道]

暇でネタもなかったので、暇つぶしに東京駅まで
ポケモン新幹線を撮りに行きました〜
今年は6種類の車両があるのですが、ちゃんと運行予定表があるので、
それに基づいて夕方東京駅へ。
ですが、いくら終着駅とはいえ、折り返し時間はわずか12分。
もちろん折り返しの列車に並んでる人もいるわけで…
結構苦労しましたよ。
E2系0番台

今回はE2系0番台「あさま」です。

まずは長野寄りの8号車から5号車まで

そして4号車から1号車まで
座席カバー

座席にもちゃんとポケモンが描かれてるんですよ〜

…しかし、幼稚園以下の子供と車両を一緒に撮っている光景の中
1人モンの男が淡々と車両だけを撮っていく…
なかなか溶け込まない光景です(苦笑)

「mue train」を見た [怪しい鉄道]

火曜日職場に行く前、大宮駅に停車中の「mue train」を見ました~

大宮-宇都宮間を中心に走っているという情報はありましたが、
実物は初です!
中身はというと、車両ごとにいろんな計測器があったり、
レンタルのニッケンのボックスがドーンと置いてあったり…
mue train

基本的に方向幕は“試運転”ですが、一部の車両だけ“回送”になってました。
nice!(1)  コメント(0) 

ゲレンデ蔵王号 [怪しい鉄道]

先週の金曜日の夜、見ました。
ゲレンデ蔵王号

臨時列車かな?と思ったら、団体専用でした。
去年までは臨時列車だったようですがね。
昨日も見られるかなぁと思ったら、いませんでした。
2月までだったんですかねぇ…
寝転がって行けるのはいいなぁ
それにしても583系ご無沙汰だわ。

つばめレディ [怪しい鉄道]

さて、もう1ヶ月前になってしまいましたが、
寝台特急「富士」、「はやぶさ」強行ツアー(笑)
熊本からは「リレーつばめ」に乗ったわけです。
リレーつばめ

ワシはこのリレーつばめにも乗りたかったのです〜
DXグリーンリレーつばめに乗るからには、
やはりデラックスグリーンでなくては
いけません!
以前にも乗ってるんですけどね。
これはグリーン車の運転室寄りにある
3席しかない豪華なグリーン席のことで、
シートはふかふかすぎるくらい
やわらかく、リクライニングは144度!
ほぼ真横に近い感じになります。
リクライニング操作は、
すべて右のボタンで行います。
背もたれも足元も、ボタン1つで
好みの角度に変えられます〜




そして…
DXグリーンに座ってます

そのDXグリーンに華を添えるのが…
つばめレディ

女性の客室乗務員「つばめレディ」です。
彼女がお世話をしてくれるわけですよ♪
まぁそれがこの旅2番目の楽しみだった…んです!ハイ〜
撮らせてくださいって言ったら、私なんか…と言いながらも、快く応じてくれました♪
まぁ旅の合間のちょっとした天使ですね〜(笑)
お菓子

この席に座った人にだけ、飲み物と軽いお菓子がサービスでつきます。
りんごのクッキーとキャンディです。
つばめレディは普通のグリーン席に座ってる人にも、
いろんなサービスをしてくれます。
席は気持ちいいし、優雅な時間を過ごせました。
駅に到着するときも、降車する人がいるときには、
ちゃんと見送りをしてくれるんですよ。
笑顔で見送り

ん〜ホントにいい笑顔をしてくれる、素敵な人でした♪
いやぁJR九州は、こういう客室乗務員がみんなかわいいんですよ(笑)
10年くらい昔「ゆふいんの森」で初めて接して以来、会う人みんなレベルが高い!
そこへいくと…
「富士」が東京駅へ着いたとき、遅れていたので向かいに
「スーパービュー踊り子」が入線していたのですが…
正直雲泥の差でした(爆)

九州新幹線の名称が「さくら」に決まったとか。
それはそれで伝統ある名前だしいいんですけど、
彼女たちも「さくらレディ」になるんですかね〜
あぁまた乗りに行きたい♪

マナーの悪い奴 [怪しい鉄道]

2月4日、東京駅に「富士」が着いたあと、
まぁいろいろ撮っていたわけですが、
今東京駅では、ホームの機関車が止まるところには
立ち入れなくなっているんです。
ワシが子供の頃はそんなことなかったと思うんですけどね。
いつの頃からか、そうなってしまったようです。
そういえば、行きの車内で
「東京駅は三脚禁止だよ」
「トラブルあったらしい」
なんていう会話が聞こえてきたくらいなので、
こちらも何かあったのでしょうかねぇ…
一部のマナーの悪い連中のおかげで
大多数の善良なファンが迷惑します。
機関車を撮ろうと思ったら、新幹線ホームへ行くしかありません。
運よく回送列車が出て行ったところだったので、
撮れる!!と思ったら…
もうちょっとだったのに…

ちょうど連結しようとした瞬間、別の新幹線が入ってきてしまいましたぁ(苦笑)
写真の右端がそうです〜
残念…

が、そのちょっと前。
進入禁止の柵を飛び越え、車両の写真を撮った輩がいました!
みんなが9番線側を通過する機関車を撮ろうと
柵の前を離れた瞬間、隙をついて進入し、
撮っていました。
残念ながらケータイカメラしか動かなくて、
瞬間は捉えられませんでしたが、
こいつです。

楽天と思われる帽子かぶってたな。

死ね!!

クモユニ143-3 [怪しい鉄道]

新幹線が長野駅に着くとき、
在来線の方にクモユニ143が止まっているのが見えました。
が、在来線のホームからは遠すぎる…
なので、チャンスは列車が動いて目の前を通るときだ!
と思い、デジカメを連写モードにして待ち構えてました。
近づいてきた…!!
距離が近すぎて全体が収まりませ〜ん(汗)
なので、こんな写真になっちゃいました(苦笑)
クモユニ143-3aクモユニ143-3bクモユニ143-3c






クモユニ143-3dクモユニ143-3eクモユニ143-3f







クモハ123-1ちなみにこちらは塩尻駅で止まっていた
クモニ143からの改造車
クモハ123-1です。

今度は「SL水上号」へ [怪しい鉄道]

高崎駅の案内板実は東京ドームへ行く前、
SLに乗っていたんです。
前回は会津若松-新潟間のC57でしたが、
今回は高崎-水上間のD51です。
SLの代名詞でもある通称“デゴイチ”です。
やはり夏休み終盤の平日だからか、
指定席は結構空いているようでした。
あいにくの雨でしたが、それでもホームには結構人いましたね。
待機中のD519:39着の普通で高崎に着きましたが、
すでに客車は入線していました。
SLは、隣の線路で待機してるところでした。
このままいったん直進して、
バックしながらホームに入り、
客車を連結します。


これは水上駅でしかし…
なぜノーマル12系なのでしょう(苦笑)
まぁ逆にノーマルの方がレアなの
かもしれませんが、せっかくのSLだし、
同じ東日本のばんえつ物語号が
12系改造客車を使っているのですから、
こっちだって何かやればいいのにねぇ…

出発間際いよいよ出発です!
車内は小さい子供を連れた親子連れ、
あるいはお母さんが多かったですね。
逆にワシのような男1人の
“いかにも”的な人はほとんど見ませんでした。





いろいろ車内では、せっかくなので
「上州デゴイチ弁当」ってのを食べました。
SLの正面に似せたまん丸な器に、
いろんなおかずが入ってます。
こういうのはいいですね〜
器も記念になります。
…たぶん使わないけど(爆)

天気も悪いので、晴れていれば見えるはずの上毛三山も見えず、
利根川沿いも、水がにごっていてきれいには見えませんでした。
それでも2時間あまりのSLの旅は満喫しました。
水上駅水上…いつ以来でしょうかねぇ。
たぶん、あのとき以来ですよ、
ねぇCHIHAさん(笑)





到着後は、SLは方向転換するために
ターンテーブルに乗ります。
その様子を間近で見ることができるんです。


ターンテーブルに乗るD51ワシは梅小路には行ったことがないので、
こういうのは初めてですね!
大きな巨体がくるりと回るのは見事です〜
見終わった後は、帰りのSLに乗ると
野球に間に合わないので、
すぐの普通で帰ってきました。

SLばんえつ物語号(下り) [怪しい鉄道]

行き先表示板SLに乗るときがやってきました!
子供の頃、やまぐち号に乗って以来ですから、
20年ぶり・・・以上ですね。
こういうイベント列車は土日中心に走っているので、
ワシのような土日労働者には無縁なんですよ。
たまたまお盆期間運行してくれるのと、
休みが重なり、なおかつ切符が残っている
という偶然です(笑)
入線列車は車庫からバックで入ってきます。
みんな先頭のSLのところでカメラを構えています。
ワシは反対側の1番線側にいました。
邪魔がいないのでね(笑)




出発前さて、出発の2番線へ行って、
SLを正面から撮ります。
みんな記念撮影をするので、
人が写らないようにするのは
なかなかタイミングが難しいですね(汗)
いよいよ出発です!
まぁローカル線の、しかもSLですからね。
のんびりした旅です。


座席車内は思ったより空いてます。
車両は12系の改造ですが、
中のシートは背が高く、
レトロな感じのつくりになってます。




花各車両の客室入り口には、
花が飾ってあります。
沿線の協力で、季節によって
いろいろな花が飾られるようです。






各種ロゴ車両の外観は、最近オリエント急行を
意識した塗装に変えたようですが、
これは以前のものがいいという人と
両方の意見があるようですね。




野沢駅で喜多方を過ぎて、列車は野沢駅へ到着。
ここで、初めての長い停車時間となります。
ここでも記念撮影ラッシュです。
ホームではなく、線路と同じ高さから
写真が撮れます。



機関室でも撮影そして、機関室にも入れてもらえるようですよ。
子供を中心に人気でした。
ワシは…やめましたけど(汗)





駅の看板駅の表示も、普通のもののほかに、
こうしたレトロな表示もあるんです。
至る所に工夫がしてあるんですね〜





SLばんえつ物語弁当野沢駅を出発して、お弁当にしましょう。
列車名そのままの「SLばんえつ物語弁当」です。
“新津-会津若松”と書いてありますから、
この列車が走り始めた頃からある
お弁当なんでしょうね〜





中身具材をみるかぎり、
新潟中心の海の幸がメインっぽいですね。
上りだと、限定のお弁当もあるのですが、
下りにはありません…




車内イベント4号車は大きな窓の展望車になっていて、
そこでは日替わりでいろいろな
イベントをやっています。
この日はペットボトルとビー玉を使った
「エコおもちゃを作ろう」というイベントで、
子供たちが楽しそうに作ってました。
でもこの車両だけ冷房がなくて…
あ、暑い(苦笑)
津川駅列車は津川駅に到着。







石炭を入れるところここで、石炭と水を補給します。
水は2トンも使うそうですよ〜






動輪のチェックSLの車輪にもメンテナンスをします。
細かなチェックの上に成り立つ運行です。
それにしても、人が近くに立つと、
いかにC57の動輪が大きいかがわかります!




川列車は、途中はトンネルも結構ありますが、
川沿いを走るところもあって、
いい景色ですよ〜





地ビールその景色を見ながら、
地ビールをいただきます。
普段列車でお酒なんて飲みませんけど、
こういうものならね〜

列車は最初から最後まで乗る人は
そんなに多くなくて、途中で降りていく人が
結構いました。
この辺は観光地ですからね〜

新潟到着そうこうしているうちに、
列車は新潟へ到着。
3時間半の旅でした。





快速くびきのここから快速くびきの6号に乗り換えて、
長岡→越後湯沢まで上越線。
そこからは普通列車がないので、
Maxとき352号で帰ってきました。




新潟駅にてどこへ行っても女子高生の姿を見ますねぇ
不思議と男子高校生の姿の方が少ない…
(部活のジャージ姿の子は見かけましたけどね)
新潟から単身赴任している上司もそう言ってました。
なぜでしょうかね〜
女子高が多いとか、普段から私服代わりに
制服着てるとか?…と上司談(笑)
東京では、公立のワシは夏休みバイト三昧でしたけど、
私立の子は夏休みも少なく学校へ行っていたようです。
その辺は地方の方が厳しいのかなぁ
それとも冬休みが長くて夏休みが短いとかね。
北陸、会津、新潟と雪の多い地方ですからねぇ

あらためて副都心線開業 [怪しい鉄道]

黒磯駅さて、今日は昼間黒磯まで
忘れ物のデジカメを取ってきました。
いやぁ遠い…
いろいろやることもあったので、
那須塩原まで新幹線で行きました。
交通費が約1万円…(苦笑)
でも、100%自業自得です。
デジカメ買い換えるより安いし、
何より中のデータはお金に換えられませんからね〜

小竹向原駅で、あらためて土曜の副都心線開業。
朝4時過ぎくらいに小竹向原駅に到着。
道路挟んで両側の階段に、
それぞれ10人くらいずつ待ってました。
その後4時半近くになって、続々とタクシーが到着〜
マイナーな駅の割には集まったほうです(笑)
駅のシャッターが開いてホームへ。

路線図表示下りる階段にも、
副都心線の路線図が書いてあります。






眠ってる始発電車始発電車は新型…
ではなく、従来の7000系(苦笑)
やはり開業セレモニーは昨日やってしまっていて、
営業初日であるこの日には、何もないらしいですぅ
冷たいですねぇ。
まぁそんなことはお構いなしに
みんな写真撮ってるわけですけどね(笑)



火が入った電気が通ってドアが開きます。
「各停渋谷」という文字には、
さほど違和感は感じませんね。
やはり1両目だけ、やけに混んでます(笑)
出発すると、予想通りどこからともなく拍手が〜
単なる鉄道ファンだけでなく、
地元の親子連れとかも結構乗っていて、
お母さんたちが拍手に驚いてましたよ。


1両目だけ混雑1駅到着する度にどんどん乗ってきて、
1両目だけがラッシュ時並の混雑でしたよ(汗)
新宿三丁目からは、ここ発の電車がすでに
出発していたので、
さほどの乗車はなし。



渋谷駅の表示そして電車は無事終点渋谷へ到着。
ここは将来東横線と乗り入れることになるのですが、
すでに管轄は東急になっているため、
駅の表示などが東急チックになってます(笑)
その後渋谷駅内をうろうろしてから、
記念乗車券を発売する新宿三丁目駅へ。
この時点で6時半くらいでしょうか。
ちょうど着いた頃に、渋谷行きの初急行が“10両”で来るところだったので、
今度こそ新型か!
…と思って待っていたら、東武の車両でした(苦笑)
で、上へ上がったら、すでに1000人以上並んでますよ、これ!!
いやぁ凄いですねぇ。
まず、臭い(爆)
それは置いておくとして、この人数では
売り出しても買えるまでに時間がかかる。
となると帰ってから出勤の支度をして間に合わない。
快速フェアーウェイなので、大先生を残して
ワシは新宿まで歩いて、
快速フェアーウェイに乗って帰ってきたわけです。
で、車内にデジカメを忘れてきた
…というわけですよ。

その後大先生の話では、
朝7時の段階で2000人以上並んでしまい、
“1人5枚まで”という制限で売切れてしまう人数に達したため、
7時から販売を開始したそうです。
その後大先生は西武の記念乗車券を求めて北上。
都内の駅はすべて完売で、飯能にだけ残ってるという話を聞き、
わざわざ飯能まで買いに行ったそうです。
さすが大先生!
地方で新しいSuicaやIcocaが発売されると聞くと、
飛行機で買いに行ってしまうほどですからね。
記念切符そして、なんとわざわざワシの分まで買ってくれたんですよ。
嬉しいですね〜
上が副都心線開業記念1日乗車券。
左下が、西武の相互直通運転開始の
始発駅記念入場券。
右下が、西武のダイヤ改正記念の
1日フリー乗車券です。
ありがとう大先生!!

急行「銀河」ラストラン [怪しい鉄道]

東京駅10番線の案内板ホントは行ける予定ではなかったのですが、
少し早めに仕事が終わって、
“行けてしまう”時間だったため、
急遽東京駅へ向かい、
急行「銀河」の最後を見送ることにしました。
といっても、着いたのが22時50分。
すでにホーム下の階段からかなりの人。
行き先掲示板の写真を撮る人も2,30人はいたでしょうかねぇ。
人がいっぱいなので下からホームに上がると、もうごったがえしてました。
最盛期の“大垣夜行”を思わせるような
感じでしょうか。
ワシが名古屋から乗ってきたときは、
まださほどでもなかったのですが、
知人の話だと日に日にギャラリーが
増えてきていたようです。
…で、まさか来ることになるとは思ってなかったので、
デジカメ持ってなかったんですよ・・・(苦笑)
なので、ケータイで撮るしかありませんでした。
よって、ブレまくりでした。
まぁデジカメ持っていたとしても、
人が多すぎてろくな写真は撮れなかったでしょうけど。

出発直前…ブレまくり!発車のベルがなると、あちこちから拍手が。
そしていよいよ出発。
列車が動き出すと、「銀河ありがと〜!」
という声も聞こえてきました。
ってなわけで、今日からダイヤ改正。
この文字も、もう見ることはありません…


ホーム上の時刻表ワシが小学生の頃は、
東京駅のホームに数時間いるだけで、
さまざまな夜行列車が入線してきて、
それは楽しい空間だったんですけどねぇ…
今やはやぶさ・富士の1本を残すのみ。
開放式B寝台は、
確かにプライベートな空間ではありませんが、
見知らぬ人と向かい合って、
旅に行くもの同士いろいろ話をする。
場合によってはいい出会いの場ともなります。
そういうのがなくなるというのは寂しいものですね。

銀河とお別れ [怪しい鉄道]

次の発車は銀河名古屋からの帰りは、
いつも“ながら”か夜行バスを使うのですが、
どうせなら廃止になる急行「銀河」を
使おうと思いました。
下で書いた“お別れ”とはこの銀河のことです。
銀河は2,3度しか使ったことないですね。
昔京都金杯に行くときに使って、
寒くて風邪ひいたのを思い出します…(苦笑)
銀河は名古屋にも止まるのですが、試合終了のタイミングによっては、
新幹線で西へ向かって米原、京都あたりで乗り換えられるかなぁ…
なんて思っていたのですが、間に合わず。
結局時間つぶして名古屋から乗ることになりました。
待合室ん〜こんなきれいな人も乗るのかぁ
廃止になるからかな?







この日は踏切事故があったようで、
10分くらい遅れて入線しました。




急行「銀河」東京行よって、ホントは停車時間6分あるのですが、
すぐに発車。
ろくに写真も撮れず(苦笑)
列車は数日前切符を取ったときには
まだ余裕があったのですが、
入ってきた列車は、ほぼ満席でした。


B寝台ん〜このノーマルB寝台も
だんだん減ってきますねぇ…
本当なら寝ずに最後の1夜を味わいたいものですが、
疲れてるし、翌朝仕事だし…
上段にも人がいましたから、
こちらがカーテン開けっ放しでずっといるのも
どうかと思いましたしね。
備え付けの浴衣に着替えて、
豊橋を過ぎたあたりで寝ました〜(汗)

翌朝東京に到着したときは、結構カメラ構えてる人いましたね。
大阪行サービスなのか、
方向幕が大阪行きになってましたよ。
さらば銀河!
お世話になりました〜




東京行最後尾電源車東京行先頭車

京浜東北線用E233系 [怪しい鉄道]

上野でたまたま目撃したので、
慌てて撮りました〜

E233系

ベビーカー挟み電車発進 [怪しい鉄道]

昨日、神田駅で山手線が発車する際ベビーカーをドアに挟んだまま発進するという事故が起きたようです。
幸い軽い怪我だけで済んだようなのですが…
どうも記事を見ると、挟んだまま動いたJR側が悪いようなニュアンスのようですね。

は?
そりゃ万一そうした事故に備えて、現在の2cm以下だと反応しにくいセンサーを改良する必要性については検討すべきかもしれません。
神田駅はほぼまっすぐのホームですから、車掌がきちんと安全確認をしたのかという問題もあります。

でも…

一番問題なのは、 ベビーカーを押していた 母親じゃないの?

おそらくベルも鳴っている発車間際の電車に駆け込み乗車をしようとしたから、ベビーカーの前輪だけ挟まれたわけでしょ?
正気ですか?頭がおかしいとしか思えません。
もし大事故になって命を落とすようなことになったとしても、自業自得ですよ、これじゃ。
幼い命をなんだと思ってるのでしょうか…
よくいますねぇ狭い車内でベビーカー広げたまま我が物顔でいる母親。

危ないし邪魔なんだよ!! 車内でベビーカーに乗せたままというのが危ないというのは、電車やバス会社も言っています。
急ブレーキかけて中の子供が放り出されたりしても、悪いのはあんただからね。
交通機関のせいにしないように…
最悪なのは、自分は子供を抱いて椅子に座っているのに、ベビーカーはそのままってケース。
ワシはよく蹴っ飛ばしますけどね。
「あ、すいません邪魔だったんで」
と言ってやりますが何か?
たためないなら始めから使うな!!
そういう常識のない連中が母親になる時代です〜
もし今回赤ちゃんが死ぬような事故になったとしたら、この母親は自分の行為を棚に上げて、JRを責めるんでしょうねぇきっと。
「お母さんは悪くないの。ドアに挟んだまま発車したJRが悪いのよ!!」
って子供の位牌に向かって泣き叫ぶ滑稽な様が目に浮かびます…

バリアフリーで、そういう人も安心して不自由なく生活できるような社会にするというのもありますが、
この事故の根源はそれとは違うでしょう。

瀬戸大橋にカラスの巣 [怪しい鉄道]

今日は休みで、夕方岡山で待ち合わせ。
なので、昨日までまでどこへ行こうか…いろいろ考えたのですが、いまいち決め手がなかったので、起きた時間で考えよう!ってなことに(汗)
んで目が覚めたのが10時半過ぎ。
さて、シャワーを浴びて支度して、お土産買って東京駅へ。
この時間だと、高松行ってうどん2,3件食べられるかなぁ。
しかし12:13発ののぞみ27号が満席で、次の12:33発岡山行きののぞみ87号で。
ん〜この違いで接続のマリンライナーが30分違うんだよなぁ…(苦笑)
でも仕方がない。これでも通路側だったし。
日中でこんなに混んでるなんて…時間帯が悪かったかなぁ。
んで新幹線の中では、珍しくあまり寝なかった。
富士山おかげで、久々に新幹線から富士山が見られました!
まったく気づかなかったのですが、ケータイのシャッター音が聞こえたので窓の外を見たら、きれいに見えてました〜

そんなこんなで岡山到着が16:02。
16:14発マリンライナー45号には十分間に合う。展望グリーン席の切符を買って、さて改札口へ…
ってときにアナウンスが!

「今度のマリンライナー45号は運転を取りやめます」 な、なにぃ!!
「理由は、瀬戸大橋線児島-坂出間で架線の上にカラスの巣を発見しました。除去作業のため、運転を取りやめます」 だって。なんてこったい!!
次の松山行きしおかぜ19号は出るらしい。ってことは、坂出付近で除去作業ってことだな。
ならば宇多津経由で高松行くしかないかぁ。
ってことで急いで払い戻そうと思ったのですが、窓口はかなり並んでいる…時間はない。
なので、やむを得ずグリーン分は捨てて、改めて宇多津までの特急券を買って、しおかぜ19号へ。
マリンライナー45号…のはずが47号!ホームにはマリンライナーが停車してますが、「本日はマリンライナー47号で運転いたします」ってアナウンスしてました…
座るはずだった席を眺めつつ、反対側に停まっているしおかぜへ。
ムカついたのは、高松までの乗車券はマリンライナー45号のグリーン券と一緒だったのに、岡山の改札口の女性も、しおかぜ19号の車掌も、運休になった列車の切符を持っているワシに対して何も言葉がない!!
これはどういうことやねん!(怒)
児島でアナウンスが。どうやら“マリンライナー45号が運休になったため、乗る予定だった人はこのしおかぜ19号で宇多津まで行ってください”みたいなものでした。
上りのマリンライナーも運休になってるらしく“今度の南風で特急券なしで岡山まで乗車できます”ってアナウンスしてました。
瀬戸大橋からの風景さて気を取り直して、何年ぶりかの瀬戸大橋。
橋のすぐ真下が見えるのはいいですね〜
何枚か写真を撮りましたが、やはりスピードが速いせいか、いまいちな写り具合でした…
でも、久々に見る瀬戸内海の風景はよかったですよ〜!


坂出方面と分岐坂出方面と分かれるところです。
どこの箇所で巣なんて見つかったのかねぇ…
宇多津に着いて、反対側で高松行きの普通に乗って坂出へ。
ここで「高松へお急ぎの方は、坂出でマリンライナー47号へお乗換えください」だって。
結局岡山で30分待っても同じやったんかぃ!!
でもそのマリンライナーも遅れているというアナウンスが。
…これは高松まで行っちゃったら、待ち合わせに間に合わなくなるかも!!
なので、高松はあきらめて坂出で下車。
ちょうど駅の中にうどん屋さんがあったので、そこで1杯食べました。
帰りの橋食べ終わってすぐ、返す刀のごとくマリンライナー52号で岡山へ戻りました。
前の30件 | - 怪しい鉄道 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。