So-net無料ブログ作成
検索選択
怪しいグルメ ブログトップ
前の30件 | -

宅配ピザ「SALVATORE CUOMO」 [怪しいグルメ]

久々に宅配ピザを頼みました。
いつもメニューのチラシは取ってあるので、どこのでも注文できます(笑)
さいたま新都心に「SALVATORE CUOMO」があってそこも宅配をしているので、
今回はそこにしました。
ゴルゴンゾーラ
ピザは「ゴルゴンゾーラ」です。
わざわざゴルゴンゾーラなんて名前をつけているのは、ここくらいでしょうねぇ
チーズの味が際立ちますし、この苦味の元はトレビスなのね。
よくイタリアンレストランサラダに乗ってますよね。
変わった組み合わせもまた良し。
バジルとソーセージのスパゲティ
一緒にパスタも頼んだのですが、
こちらは円高還元で安くなっていた「バジルとソーセージスパゲティ」です。
バジルは好きなんですけど、あまりに緑緑したパスタだと、ちょっとしつこい気もします。
それがわかっているのに、食べたくなるもので、
食べてからやっぱり同じことを思うわけです(笑)
ワシにとっては、スナック菓子のバジル味くらいがちょうどいいですなぁ…
おこちゃまです(汗)

栄屋分店「冷しワンタンメン」 [怪しいグルメ]

さて、まだ山形です。
今度は冷やしラーメンを食べに行きました。
栄屋分店
山形駅から1つ先の北山形駅前にある「栄屋分店」というお店です。
ここの駅前も学校帰りの高校生であふれてましたね〜
店内
お店の中は、いたって普通のラーメン屋さんです。
頼んだのは、ここが発祥(というか他にあるのか?)という
「冷しワンタンメン」です。
ワンタン好きとしては、食べずにはいられません(笑)
出てきたのはこちら。
冷しワンタンメン
(↑クリックすると大きくなります)
見た目普通のワンタンメンですが、スープは冷たいし、氷も浮かんでますよ〜
ラーメンとして1分野を築いただけあって、冷たい麺もスープもうまいです。
ワンタン
そして冷たいワンタンも、決して硬くなったりしておらず、
柔らかさを保ったままツルッと食べられます〜♪

三津屋「冷し鳥そば」 [怪しいグルメ]

山形の続きです。
庄司屋を出ると、道を戻って今度は先ほどの踏切を渡ります。
三津屋
すると、すぐに「三津屋」が見えます。
店内
こちらも大正時代からの老舗のようです。
このお店の板そばには“元祖”とつくので、ここでも板そばにしようかと思ったのですが、
続けるのもどうかと思い、別メニューで“お勧め”とあった
「冷し鳥そば」を頼みました。
冷し鳥そば
(↑クリックすると大きくなります)
冷たい汁が温かい蕎麦同様並々と入っています。
そして、鶏肉は照り焼き風で柔らかく仕上がっています。
この味付けの鶏肉って、実は蕎麦に合うんですよね〜
冷たいだけのお蕎麦をスタミナ面で補ってくれます。
ん〜久々にこの組み合わせで食べたわ。
本来の蕎麦の味わいからはちょっと離れますが、
これはこれで季節感のある一品です。
楽しめました〜

庄司屋「板天」 [怪しいグルメ]

さて、山形へ着いたら山形蕎麦を食べに行きましょ〜
山形出身の友人などに事前のリサーチを済ませていてて、
駅の近くで何件か候補を決めてました。
まず、東口を降りたら、線路沿いを南へ。
すると、歩いて10分弱で踏み切りにぶつかります。
踏切を通過する
「つばさ」
当然山形新幹線もこの踏切を通るわけですが…
関東に住むワシにとって、新幹線が踏切を通過する光景なんて、違和感バリバリ(笑)
さて、この踏切を渡らず左へ曲がると、
すぐに「庄司屋」というお蕎麦屋さんがあります。
庄司屋
まぁいくつも通り沿いに看板も出てますから、迷うこともないでしょう。
頼んだのは「板天」です。
山形といえば板蕎麦ですからね〜
板天
(↑クリックすると大きくなります)
せいろではなく、大きな箱板に乗ってくるのが山形の板蕎麦です。
お腹も空いていたので、天ぷらつき〜
写真では普通のサイズに見えるかもしれませんが、
この板、ワシの肩幅くらいありますよ〜
なので、結構なボリュームがあります。
まぁ何てことないですけどね(笑)
蕎麦自体は、しっかりしていて、香りもいいです。
量は多いですが、薬味の種類も多いので飽きません。
蕎麦湯も含めて、楽しめました〜
ホントは、板蕎麦で更科蕎麦と山形蕎麦の2種類が味わえる
「相もり板」がオススメです〜

駅弁食べに松阪へ [怪しいグルメ]

さて、今回は青春18切符を使っての旅です。
ターゲットにしたのは、東京発5:20の静岡行きです。
373系車内
昔から“大垣夜行”の折り返し列車だったのですが、
ムーンライトながらが季節列車に格下げになった後も、
この列車は従来の車両373系が使われています。
なので、静岡まで快適に過ごせます♪
東京駅を出るときは1/3くらいしか埋まっていませんでしたが、
横浜を出る頃には座れない人も出るほど混んでいます。
場所によっては通勤時間帯にぶつかるところもありますからね。
…まぁほぼ寝てましたが(爆)
終点に着く手前で起きたのですが、思えば東静岡でガンダムが見られるんだった!
って静岡についてから気づきましたがもう遅い(苦笑)
で、乗り継いで名古屋まで着いたら、近鉄に乗り換えます。
賢島行きの特急に乗り換えて松阪へ向かいます。
JRにも「快速みえ」があるんですが、乗り継ぎ時間の兼ね合いがあって、こちらにしました。
特急賢島行き
ん〜とくに何の特色もない12200系だったのが残念・・・
で、松阪に着いたら、すぐもどるんですけど(笑)
じゃあ何しに着たのかというと、駅弁が食べたかったんですよ〜
あら竹
駅のすぐそばにある駅弁販売店「あら竹」へ。
特撰元祖牛肉弁当
人気の「特撰元祖牛肉弁当」を買いました。
これは駅や車内販売でも買える人気の駅弁です。
これを帰りの「快速みえ」の中で食べるんですよ。
ちょっと待たされましたが、その間に温かいご飯を用意してくれていたんです!
ちょっとした心遣い、嬉しいですね〜
駅の売店ではできないことです♪
松阪牛の判定基準が厳しくなって、駅弁の名称から“松阪牛”を外したそうですが
仕入れはまったく変えてないそうです。
肉!
上質なお肉であることには変わりないです。
箸でも切れるかというくらい柔らかく、また冷めていても十分旨味があって、
ご飯ともよく合う味付けになってます〜
“冷めてもおいしく”というのは崎陽軒のシュウマイにも通じてますね。
発売当時は“日本で一番高い駅弁”だったそうです!

で、実はもう1つ買ってまして…
日替わり弁当
それは日替わり弁当です。
これはお店でしか買えない地元の方向けのお弁当なんですよ。
それでも、お店の人が「お肉は質を落としてないからお得よ」って言ってくれたように
メインのすき焼き風のお肉は抜群♪
他のおかずも栄養バランスがいいように、おからとかも入ってます。
ワシ、数年ぶりにおから食べましたぁ〜
これで600円だから安すぎる!!
2食食べたところで、ちょうど津に到着。
一眠りしたら名古屋です(笑)

コメダ珈琲店でモーニング [怪しいグルメ]

名古屋で朝といえばモーニング。
栄三丁目店
無難にコメダ珈琲店が一番でしょうかね〜
アイスコーヒーモーニング+ミニサラダ
飲み物だけの値段で、トースト+ゆで卵がついてきます。
まぁたいていのお店でこのくらいのサービスがあるのが名古屋なんですがね。
いやぁトーストなんて普段自分からはまず食べませんからね。
超がつくほど久々でしたが、たまに食べるとうまいもんですね〜
マーガリンを塗ったトースト、小学生の頃を思い出しますね。
サラダは別ですが、まぁ栄養バランスを考えて(笑)

会津グルメ [怪しいグルメ]

さて、先週会津へ行った話ですが、当然会津ではいろいろ食べよう…
と思っていただけで、特に何も調べずノープランで行ったわけです(笑)
たいてい何とかなるものなんですがねぇ…
なりませんでした(爆)
会津若松では名物の(なぜ名物?)ソースカツ丼を食べようと思っていました。
と〜こ〜ろ〜が〜
会津若松に着いたのが14時前。
で、それからどんなお店があるのか調べたたり聞いたりしたのですが…
ほとんどのお店が14時前後でお昼の営業を終えてしまうんですよぉ!!
そんなぁ〜聞いてないよぉ(調べてもいないが)
落ち込んでも仕方がないので、開いているところで有名どころ…
とバスセンターの人に聞いて訪ねたのが、七日町の「ハトヤ」というお店です。
ハトヤ
いかにも“地元にあるお店”的な感じです。
席について驚いたのは、このポスターです。
ポスター
なんと地元のテレビ局の番組に、ソースカツ丼の番組(コーナー?)があるんですよ。
驚きです〜
ソースカツ丼
出てきたソースカツ丼ですが、いたってシンプルです。
ご飯の上にキャベツが敷いてあって、その上にカツが乗り、ソースがかかっている…
とくに調べたわけではありませんが、このスタイルの発祥が会津なんですかね〜
まぁ正直飛びぬけてうまい!ってわけでもないんですけど、
それだけに愛着の沸く味です。

ちなみに会津若松といえば、お城なのですが…
会津若松城とお城ボ
改装中でした(爆)
これはさすがに知っていたのですが、一応ね(笑)
中では幕末展をやっていたので、見てきました。
で、空も暗くなってきた頃、ラーメンを食べようと思って喜多方へ。
ここでも誤算が…
東京では夕方から深夜まで営業するラーメン屋さんが多いのですが、
喜多方では観光客相手が中心のせいか、
夕方で営業が終わってしまうお店がほとんどだそうです。
乗ったタクシーの運転手さんに紹介されたお店がこちら。
来夢
「来夢」というお店です。
中は家族連れでにぎわっています。
ってことは、地元の人に愛されてるお店なのか、
はたまた他に食べるお店もなくここへ来ているのか(笑)
頼んだのは炙りチャーシュー麺です。
メニューのこれ
炙って炙って炙りそうろう
“炙って炙って炙りそうろう”の文字にひかれました(笑)
出てきたのはこちら。
チャーシュー麺
思った以上にチャーシューがたっぷりです。
厚い!
そしてチャーシューの厚いこと!
炙ってあるチャーシューは香ばしくてうまいのですが、
ちょっと量が多すぎました。
喜多方ラーメンはあっさりが特徴のはずが、
チャーシューのせいでこってりしたものに…
まぁこれはこれでいいんでしょうけど、
ん〜ワシも若くなくなったということでしょうか(苦笑)
んでもって、伝票の裏面を見て唖然…
会津若松にもお店があった(笑)
ま、まぁご当地で食べるところに意義があるんですよ〜あはは(汗)

ん〜しかし考えると、先に喜多方で降りてラーメンを食べて、
夕方会津若松でソースカツ丼を食べるスケジュールにすれば、
もっとスムーズにうまいものが食べられたのかもね〜
まっこういう行き当たりバッタリなところもノープラン旅行のいいところです!

まだしても鰻屋さんに振られた結果… [怪しいグルメ]

実は水曜の東京ドームへ行く前、ワシは江戸川橋にいました。
「石ばし」という鰻屋さんへ行くためです。
行きたい行きたいと思いつつも、なかなか行けないのが鰻屋さんなんですよねぇ…
先週末の「尾花」のリベンジもしたかったしね(笑)
土用の丑の日は月曜に終わったし、もういいでしょう、というところです。
で、後輩1人と池袋に11時過ぎに待ち合わせて、行ったわけです。
12時前でしたでしょうか…橋が多くてどの橋を渡ったらいいのか、
地図の記憶がいい加減だったので迷いましたが、お店の前に来ました。
石ばし
ほんのりと香りがしてきます♪

入り口
暖簾も出てるし、さて入りましょう…

ありゃ
…ありゃ、

「本日分売り切れました」だって!!
マジか!
まだ開店して1時間も経ってないのに〜!!
また振られたぁ(涙)
ワシらのすぐあとにも数人やってきましたが、
同じようにがっかりして引き上げていきました…

が、鰻は食いたい!
となると、平日この時間から向かって確実に食べられるであろうお店…
やはり「野田岩」しかありません。
ん〜なんか度々代用品のごとく食べに行く「野田岩」ですが、
決してその程度のお店ではありません。
わざわざ食べに行く価値のあるお店ですよ。
ただ、お店の規模が大きい分、ふいに訪れても食べられるという点が
ここを代用にする理由ですかね。

野田岩営業中
この日も午後1時前に着きましたが、数組並んでいただけで、
営業中でした。
時間がお昼時を外れたからでしょうかね〜
中の帳面に名前を書いて待っていると、ほどなく営業終了となりました
あぶね〜ここでもギリギリだったのか!

志ら丼
さて、注文したのは「志ら丼」です。
「野田岩」は志ら焼きもうまいですからね〜
が、「野田岩」自体2年ぶり、「志ら丼」はなんと4年ぶりです♪

アップで
(↑クリックするとデカくなります)
中にはタレのかかったご飯の上に、白焼きしてから蒸した鰻、
そしてワサビが乗っています。
ワサビで食べる和風な鰻(妙な表現ですが)もいいものです。

実はもう1枚うなぎが
で、丼の中には、実はもう1枚鰻入っているのです♪
ダブルのうな丼なのですよ〜
ん〜うまかった!
お店の人の話では、土用の丑の日が過ぎても、
食べられなかった人がたくさん来ていて、この日も30〜40人並んだ時間もあったそうです!
ひぇ〜むしろラッキーだったのかな。
まだ入って日が浅いと思われるピンク着物を着た子がかわいかった(笑)

−過去の記事−
「色川」リベンジ失敗で「野田岩」へ

むさし乃「鰻重 上」 [怪しいグルメ]

ホントは今日、オールスター見に行く予定だったのですが、
日中のっぴきならない用事ができまして、泣く泣く断念…

さて、土用の丑の日が近づいています。
26日は月曜なので、今日食べておくことにします。
都内でもいいのですが、浦和へ行くことにしました。
クラムボンさんが書いてましたが、「浦和といえばうなぎ」だそうでして…
むさし乃

というわけで、駅から歩いて5分ほどのところにある「むさし乃」へ行きました。
商店街の先にある、小さなお店です。
開店直後に入ったので誰もいませんでしたが、
ワシのすぐあとに続々とお客さんが入ってきましたよ。

浦和うなこ
カウンターの上には浦和のうなぎPRキャラの「浦和うなこ」がいます。
…こばとん従えてるな(笑)
鰻は国産ものにこだわってるって書いてあるし、期待できます♪
注文してから時間がかかるのは、結構なことです。
本を読みながら出来上がるのを待ちます。
うちわをパタパタする音が聞こえてくると、お腹の虫が騒ぎ出しますね(笑)

鰻重 上
30分くらいで出てきました。鰻重の上です〜
半年振りのうなぎです♪

アップで
(↑クリックするとデカくなります)
ん〜香ばしい香りが漂ってきます!
とくに煙たくはならなかったし、炭火を使っているわけではなさそうですが、
おそらく蒸しを重視して、焼くのはサラッとっていうところでしょうか。
身の柔らかさ、皮の香ばしさ、いいですね〜
食べ続けてもくどくない、上品な味わいです。
評判に偽りなし!!
肝吸いも含め、おいしくいただきました!

食べている間に出前の電話が入ったみたいですが、出前もやるんですね。
地元に根付くお店であればこそでしょう。ですが…

食べに来いよ!!

と言いたい(笑)

久しぶりに食べた「俺の昭和カレー」 [怪しいグルメ]

1年半ぶりにネオ屋台村で「俺の昭和カレー」を食べました。
先日アド街ック天国で大手町をやったときにも出てましたが、
人気あるみたいですね〜
休みと時間が合わないと、なかなか食べられないものです…

SMILE SPICE

車、変わってますね。
ホントはトッピングにハムカツがよかったのですが、
なぜかハムカツだけが売り切れてまして…
なかなかすべてのタイミングは合わないものですね。

俺の昭和カレー

代わりに唐揚げを乗せました♪
牛すじをことこと煮込んで作ったカレーは、家庭的な味で好きです。
野菜はあまり見当たりませんが、溶けてるんでしょうね。
ワシにとっても、嫌な辛さではなく、まろやかですね〜
こういうカレーは歓迎です♪

−過去の記事−
ネオ屋台村「俺の昭和カレー」

第2回「昼間から飲もう会」 [怪しいグルメ]

今週は休みが変則で、久々に普段と違う曜日が休みだったのです。
なので、いつも休みが合わない連中と同じ休みになったので、
ふと集めて飲もうと思い立ち、日曜日に急遽声をかけたのですが、
さすがに暇人ばかりで、みんなOK。

秋田屋

ってなわけで、7人集めて「秋田屋」へ行ってきました〜
名づけて第2回「昼間から飲もう会」です。
…第1回はいつだったのかって?
いや、去年「いせや」でやったのが第1回です(笑)
大所帯なので、開店時間の15時半過ぎに集合。

2階

オープン直後でも、すでに1階は半分以上埋まっていて、
エレベーターで2階へ。
まず生、そして1人1本限定のたたき(肉だんご)を。

たたき
(↑クリックするとデカくなります)
これはホントにうまいです〜
1本しか食べられないのが悔しいですね。
あとは人数が多いので、適当に頼みます(笑)
かしら

かしら

軟骨

軟骨

タン

タンたれ

煮込み豆腐
(↑クリックするとデカくなります)
煮込み豆腐

レバー&ししとう

レバーとししとう、

タン塩

タン塩
あと浅漬けも忘れずに。
タレで濃くなった口の中を浅漬けが元に戻してくれます〜
(写真撮る前に食べちゃった)
魚系も忘れずに〜
ほたて貝

ほたて貝

ししゃも

ししゃも

鮭のかま

鮭のかま

ひずなます

そしてひずなますも頼みました〜

2時間ギリギリいっぱいいました。
まだ明るいうちに解散です(笑)
出る頃は、もう外に立ち飲み客がいるほどでした〜
いやぁ、こういうのはいいですね。
第3回もすでに店の候補は決まってます。
いつやろうかな〜

−過去の記事−
吉祥寺「いせや」で昼間から飲んだくれ
ついに「秋田屋」へ行った!

ネオ屋台村「n's fuu」 [怪しいグルメ]

ボーリング大会の次の日、久々にネオ屋台村のお弁当を買いました。
たまに行くと、お店が変わったりしてますね〜

n's fuu

この日あったのは「n's fuu」というお店です。
女性2人でやっていて、和食系のお惣菜を中心にしたお弁当を作ってくれます。
自分でおかずを選べる「選べるデリランチ」というのもあったのですが、
お任せで4品目乗せてくれる「本日のバランス丼」というのを頼みました。

本日のバランス丼

時間が遅かったので、なくなっているものもあったのですが、
豚肉と春キャベツのみそ炒めを中心に、蓮根のピリ辛きんぴら、
水菜とチキンのサラダ、さつま芋の甘み炒め
この4品を乗せてくれました。

中身

やはり女性らしさ…気のせいか(笑)
家庭の味っぽいものが多くて、通っても飽きがくることがなさそうです〜
なかなかおいしかったですよ!
最近は屋台を出す場所も増えてきて、繁盛しているようですね〜

今年も仙台駅「牛たん通り」へ [怪しいグルメ]

まぁ出かける直前まで職場にいたように、今年もドタバタだったため
当然仙台市内の牛タンのお店をめぐっている時間もなく、
結局今年も昨年同様に、駅構内の「牛たん通り」へ行きました。
去年は奥の2軒へ行ったので、今年はメジャーと思われる手前の2軒を(笑)

利久

まずは「利久」。通販番組でも出てくる名前ですね。
ここへ入りました。

牛タン焼き以外にも、牛タンのカレーやシチューもあるんですよね。
なので、両方楽しめる「利久ハーフセット」にしました。

利久ハーフセット
(↑クリックするとデカくなります)

出ました〜
左に牛タン塩焼き、右に牛タンシチューです♪
もちろんネギたっぷりのテールスープもつきます。

牛タン塩焼き

まずはお肉から。
ん〜牛タンの塩焼きって、ホントうまいですね〜
ご飯にも合いますし、ビールも進みますね、これは!
1年ぶりの食感を存分に味わいます〜

シチュー

そしてシチュー。
先日も深夜の通販番組でたままたやっているのを見たのですが、
人気らしいですね。
こちらはやわらか〜いお肉の入ったシチュー。
濃厚な味わいです。
塩焼きで食べきれなかったご飯と一緒に食べきりました〜
こちらもハーフではなく、ぜひ単品で食べたいですね!
牛タン塩焼きには浅漬けが必ず出ますけど、
これは口直しに最適ですね!
油っぽくなった口を正常に直してくれます。
いや、牛タンを食べながらでもいいでしょうね、これは。
味わいそのものも合いますよ。

伊達の牛たん

さて1軒目を食べ、次は手前の「伊達の牛たん」へ。
こちらもお土産用牛タンなんかで名前はあちこちで聞きます。
食べたのは数量限定の「炙り焼き牛たん定食」です。
焼くのに15〜20分かかるそうなのですが、それも納得。

炙り焼き牛たん定食
(↑クリックするとデカくなります)

出てきたのはこちら。
いやぁ超肉厚な牛タンの登場です!
また一つ一つがうまそうに光ってます〜

牛タン

こりゃ時間がかかるわけだ。
この厚みは食べ応えがあります!
あ、ただ厚いだけじゃなくて、味もしっかりしてます。
歯ごたえもあるし、厚みの違いで味も変わってきますね。
牛タンは噛めば噛むほど味が出るんですが、厚みがある分、
旨味もたくさん出てる気がします〜
まぁたくさん食べるにはちょっと厚すぎますが、
インパクトは大です〜

ふぅ・・・2軒食べ終えました。
ん〜お腹いっぱい!もう球場では何も食えません…(笑)

夜に「池の端藪蕎麦」 [怪しいグルメ]

仕事が早めに終わったので、ちょっと職場からは離れますが
「池の端藪蕎麦」へ。
夜に行くのはいつ以来でしょう。途中行列のできている豚のお店なんかもありました。
池の端も、なんだかんだ1年以上行ってませんね(汗)
今回は後輩を1人連れて行きました〜

で、デジカメは持っていたのに、充電したバッテリーを入れ忘れてました(苦笑)

まず蕎麦の前に「鴨ぬき」
鴨ぬき

ホントは日本酒のおつまみなんでしょうけど、お酒はありません(笑)
鴨ぬきには大根おろしがついてました。
ん〜おろしは好きですが、これはなくてもいいかな。
鴨は厚くて食べ応えありでした。

天だね

そして「天だね」です。
プリプリの海老がたっぷりで、うまいですね〜

ざるそば

蕎麦はシンプルにざるそばで締めました。
ん〜のんびりした空間にうまい蕎麦。
リラックスできてよかったです♪

−過去の記事−
池の端藪蕎麦「おろしそば」
池の端藪蕎麦

とある居酒屋にて [怪しいグルメ]

駅の裏手。古びたビルの細い階段を上がると、その居酒屋はあります。
へ〜こんなところにあったんだ!
というようなお店。
お店自体は至って普通なんですけどね(笑)
でも、どこか懐かしい感じの雰囲気もあります。
豚串がおいしいらしいです〜
入ったのが遅かったので、一番人気のものはすでに売り切れでした。

明太マヨ串

こちらは明太マヨ串。
こういうの好きです〜

明太マヨ串

もつ煮込み。

サーモンの刺身

お決まりのサーモンの刺身。
2皿頼みましたが、1皿はワシ専用(笑)

鶏皮ポン酢

鶏皮ポン酢。皮はカリカリで、ポン酢にはこの食感の方が合いますね〜

帰るとき階段を下りていたら、ドアの上にこんなものが…

階段の上

“ケータイ使えます”
って、今どきこんなの貼ってるお店あるんだ〜
地上なのに(笑)

讃岐うどん條辺 [怪しいグルメ]

なぜ川越へ行ったのかというと、川越自体は通過点で、上福岡が目的地だったのです。
うどん屋さんへ行くためです。
オープン当初に蒼井里紗さんのブログで知っていながら、
場所的になかなか行く機会がなかったんですけど、
元讀賣の條辺投手が開いた讃岐うどんのお店なんで
す。

讃岐うどん條辺

その名もズバリ「條辺」です。
ちゃんと讃岐うどんの修行をしたそうですよ。
暖簾の字は、長嶋監督が書いたそうです。
お店の外にうどんのメニューが書いてありますので、
決めてから入りましょう。
入ると、いきなり天ぷらを選ぶところから始まりますので(笑)

冷かけうどんと天ぷら

ワシの定番ちくわ天と、奮発してあなご天も頼みました。
頼んだのは冷かけうどんです。
麺はちょっと太めでしょうか。食べ応えがあります。
こしもしっかりしてますし、いいんじゃないでしょうか?
だしはいりこでしょうね。東京にあるチェーン系のお店とは一味違います。
テレビにも紹介されているようで、土日は混むみたいですね。
ワシが行った平日の昼間は、比較的空いていましたが、
それでもお昼時を外しているのに半分以上の席は埋まってました。
ただ、メディアも面白半分にいつまでも取り上げてくれるわけではないし、
條辺は元プロ野球選手とはいえ、覚えている人がそう多いわけではないですよね。
肩書きとしてはないにひとしく、立地的にも味がよくなければ長続きしません。
そんな中、地元の人らしき人も少なからずいましたし、
地道にやっていけば、続くんじゃないでしょうかね。
大宮からは電車で30分くらい。
また行ってみましょう。

新富町「天朝」のランチ [怪しいグルメ]

有楽町線の新富町から歩いてすぐ。中央区役所にも近いところに
「天朝」という天ぷらのお店があります。

天朝

“裏銀座”でおいしい天ぷらが食べられるお店として結構有名なようで
行ってみました。
カウンターのみで10席くらいでしょうか。

席からの眺め

カウンターからは、窓の向こうの竹が見えます。
少ないスペースでいい眺めを作ってます。
ランチは天丼と定食の松竹梅があります。
頼んだのは竹です。
ご飯、アサリのみそ汁、サラダ漬物が出てきてスタート。

海老

まずは海老が2本。

たらの芽

季節の野菜、たらの芽。

きす

定番のきす。これは揚げ具合が一番ワシに合いました。うまかった〜

ふきのとう

季節の野菜、聞きそびれちゃったけど、ふきのとうかな。

れんこん

こちらも定番のれんこん。

穴子

穴子もサックリでおいしかったです〜

鮎

琵琶湖の天然の鮎だそうです。鮎なんていつ以来でしょ♪

おくら

おくらです。意外に好きな天ぷらの具材です〜

かき揚げ

最後は小えびのみのかき揚げです。
ん〜プリプリ

満足です〜
小鉢いっぱいの大根おろしもあって、ワシにはうれしいランチでした。
海老やれんこんは2つずつあって、天つゆと塩と両方楽しめました。
いいところです♪
ぜひどうぞ〜

やっぱりご利益があったあつた蓬莱軒の「ひつまぶし」 [怪しいグルメ]

どうも観戦成績が思わしくない…
ここは自分が作ったジンクスに頼りましょう(笑)
というわけで「ひつまぶしを食べると負けない」というジンクスに則り、
去年の6月以来久々に松坂屋のあつた蓬莱軒へ行きました。

ひつまぶし大盛り

ご飯と鰻、両方大盛りを頼んだはずが、ご飯だけ大盛りが出てきました…
残念ですが、今さら言うのもあれなので、そのまま食べました。
お久しぶりです〜
麗しきご尊顔を拝し、恐悦に存じまする…(笑)

中身

ん〜うまそう!

そして実際うまい!!
薬味を乗せて食べるのが、一番好きですね。
でも、だし茶漬けもちゃんとやりますよ〜
あれを食べることによって、最後の4杯目が違います。
中身

あ、これは薬味乗せる前の1杯目ですね。

隣に、ワシと同時に入った出張と思われるサラリーマンの人が座ったのですが、
注文も同時、出てくるのも同時、
そしてカメラで撮るのも同じでした(笑)
妙な対抗心を燃やしたりして〜

ひつまぶしのジンクスというかご利益もあり、
無事讀賣戦は勝利しました〜!!
その話はまたあとで…(汗)

また「IL GHIOTTONE」(イルギオットーネ)でランチ [怪しいグルメ]

今日は組合の集まり。終わった後でイルギオットーネに行きました。
今回も1890円のランチ「PRANZO COMPLETO」です。
サラダは前回と同じ泡のドレッシングがかかったサラダです。

採れたてお野菜いっぱいの健康的なサラダ

泡はオレンジ風味でした。
下の方の炭火で焼いた野菜が、いい味を出してます〜

メインは、今回は「野菜たっぷりのリゾット」にしました。

野菜たっぷりリゾット

上に乗っているのは生ハムです!
パスタは桜海老たっぷりのトマトソースパスタだったのですが、
“生ハム入り”という言葉に惹かれまして(笑)
具が多くて、普通のリゾットを食べているよりもボリュームがありました。
生ハム、リゾットに合うのかどうか…!?
ちょっと微妙な感じもしましたけどね。

デザートチョコのジェラートにベリーソース。

デザート

なので、ソースは遠慮して(笑)

ん〜今回も伺ったのは2時前でしたが、入ってましたね〜
さすがに予約無しでも入れる時間帯でしたが、
ほぼ満員に近かったです。
優雅な時間♪

−過去の記事−
「IL GHIOTTONE」(イルギオットーネ)のランチ
IL GHIOTTONEのランチ

実は昨日は誕生日 [怪しいグルメ]

…だったんですよ(笑)
まぁ2年前にはこんなイベントもあり、最近はいい思いでも少ないんですがね(汗)
で、職場ではえらく作業があるというビッグなプレゼントもあり(苦笑)
そんなんで、終わってから最近休みの行動を共にすることが多い同僚クンに
奢ってもらった…というか奢らせたというか(笑)
職場近くの「すしざんまい」へ行きました。
メインは“本まぐろ祭り”の本鮪五貫にぎり。
メニュー

セール価格で980円です。

でも、まず手始めにサーモン10貫、鯵と鰯を5貫ずつ〜
サーモン、アジ、イワシ

あ、ワシはこういう席で逆の立場で遠慮されるのも嫌なので、
ワシ自身も遠慮なく食べます(笑)
でも、ウニだのイクラだのといった高級なところは好きではないので、
量の割には安上がりな男です〜

本鮪五貫にぎり

メインは2人で3人前。
あ、もちろんワシが2人前ですよん♪
ん〜うまいなぁ
こん平師匠曰く、世の中で奢ってもらうものほどうまいものはない!
ということですが、同感です(笑)
締めというかデザートというか!?

霜降り和牛のにぎり

霜降り和牛のにぎりも食べました。
ん〜満足満足。

大宮着いたら、完全に雪になっていますが(汗)

帝国ホテルで3度目のランチバイキング [怪しいグルメ]

だいぶ遅くなりましたが、2000回投稿達成記念! として、
水曜日に帝国ホテルのバイキングへ行ってきました。
浜スタで雨に濡れる数時間前の話です(笑)
もう3回目なんですよね〜
いつも天気悪い…(苦笑)
場所は17階にあるインペリアルバイキングの「サール」です。
ネットの予約で、1時半以降だと割引で4000円になるんです。
…それでも4000円もするんですけど(汗)
眺め
前回も同じ時間に来てるんですけど、前よりも混んでます。
ん〜景気は上向きなのでしょうかね!
さて、前置きはいらない。食べるだけだ!!(笑)
バイキングその1
左上から
●ミートローフ オニオンソース
●右上だけ名前忘れた
●イトヨリのオーブン焼き グルノーブル風
●ラザニア

バイキングその2
スモークサーモンとスモークメダイ
●帝国ホテル伝統ポテトサラダ
●ハム各種

バイキングその3
●ポークのロースト ブーランジェール風
●つけあわせ
●ピザ

バイキングその4
●エスカルゴのフリカッセ 香草バター風味

バイキングその5
●春キャベツたっぷりのメンチカツ
●マグロとトマトの冷製カッペリーニ ルーコラ添え

バイキングsono6
●蕪とコンソメの冷製スープ
●牛フィレ肉のパイ包み赤ワインソース

バイキングその7
●ビーツのスープ ボルシチ風
●若鶏のフリカッセ

●ストロベリー、バニラ、チョコの3色アイス
●プリン

バイキングその9
●バニラアイス

ん〜食った食った!!
…と言いたいところなのですが、1人集合に大幅に遅れたため
1時半スタートのはずがホテルに着いたのが2時。
なので、後半ちょっと慌ててました(笑)
ホントはもう少し食べてるんですけど、撮り忘れたりしてますぅ
写真もピントが合ってないし(苦笑)
もうちょっと食べたかったなぁ…

−過去の記事−
帝国ホテルでランチバイキング再び
帝国ホテルでランチバイキング

治部煮 [怪しいグルメ]

同僚たちと、鶯谷と入谷の間くらいにある居酒屋さんへ行ったんです。
オススメ料理を何品か食べてから、ワシが注文したのがこれです。
治部煮
金沢郷土料理「治部煮」です。
“じぶに”と読みます。
鴨肉(このときは合鴨でした)とお麩(普通すだれ麩を使います)がメインで
だし汁に醤油ベースで味付けをして、とろみをつけ、
上にわさびをのせればできあがり!
これもうまいんですよね〜
鴨のだし、そして一緒に入っている野菜たちやお麩にもとろみの汁がからんで、言うことなし!
たぶん日本酒なんかにもピッタリだと思うし、
ご飯と一緒でもうまいんですよぉこれ!
久々に食べました〜
テール
同僚オススメのテールもなかなかでした。
下にチラッと見えているのは大根。
表面だけ色が着く程度に焼いてあります。
ネギとの相性も抜群です。
ただ…長居してしまったために電車がなくなり、
タクシー代が1万超え!!
…くそぉこんな交通費出すなら、もっと贅沢な食事ができたなぁ
と後悔したのであった!

牛の力「牛すじ煮込みカレー」 [怪しいグルメ]

牛の力
久々に、上野駅前にある「牛の力」へ行きました。
おすすめはカレー?
東京牛丼を食べるつもりだったのですが、
店頭にも店内にも、カレーが目立っていたので、
食べてみることにしました〜
まぁ1年くらい来ていなかったので、その間にできたメニューなんでしょうね。
井端弁当
ネギもたっぷり乗ったカレーです。
カレーは普通のちょっと辛めのカレーなんですけど、
鶏にしろ牛にしろ肉がよく煮込まれたルーは、
スープの旨みというか甘さというか、そういうものが出ていて、
まろやかにしてくれますね〜
ネギもカレーに合うものですね。意外でした!
ハヤシライスもありましたし、バリエーションが増えて、
行く楽しみが増えました〜

−過去の記事−
久々の東京牛丼
東京牛丼

新宿つな八総本店「上天麩羅膳」 [怪しいグルメ]

末広亭の帰り、以前から後輩が“おいしい天ぷらが食べたい”と言っていたので
近くにある新宿つな八の総本店へ行きました。
頼んだのは「上天麩羅膳」です。
もちろんカウンターで食べました。
板前さんが目の前で揚げてくれるので、楽しみです♪
素材
海老二本、いか、魚介二品、野菜二品 口替り 穴子、小海老のかき揚げ お揃い(御飯、味噌汁、香の物)
という内容なのですが、まず素材を見せてくれました。
おおきなアサリが気になります〜
エビとイカ
まずエビとイカが出てきました。
この2つは、塩で食べたほうがおいしいとのことで、
久々に天ぷらを塩で食べました。
なるほど、その通り。素材本来の味が伝わってきます。
塩で食べる天ぷらも、たまにはいいものですね〜
れんこん
写真には撮り損ねた(食べてから気づいた)きすと旬野菜の菜の花が出てきて、
次にれんこんです。
野菜は天つゆで食べた方がおいしいと薦められ、ほぼその通りに食べてます(笑)
そしてアサリ。
大きなアサリ
握り拳大くらいある大きなアサリです。
広島産だそうですが、こんなの見たことありません!
これを貝ごと揚げています。
中はアサリだけじゃなくていろんなものが入ってるんですけど、
肉汁ならぬ貝汁があふれていて、とてもおいしかったです〜♪
ここで、口替りとして、一口サイズのグラスが出てきました。
口替り
中はとろろと青海苔が入っています。
後半は、穴子から。
穴子
ん〜風味があって、うまいですね!
穴子はお寿司もいいんですけど、揚げたての天ぷらは穴子の風味がよく出るので
好きですね〜
かき揚げ
そして小えびのかき揚げ。
エビもたっぷり入ってます!
ぷりっぷりで、天ぷらの醍醐味を味えます〜
ここでおしまい。
せっかくなので、追加で天ぷらを頼みました。
後輩には、ちょっと怪しげな「納豆稲荷天ぷら」を。
納豆稲荷の天ぷら
細かく刻んだ納豆が入った天ぷらです。
ワシは食べませんでしたが、おいしかったみたいです。
納豆の香りが隣のワシにまでただよってきます〜(笑)
ワシが食べたのは「元祖アイスクリームの天ぷら」です。
アイスクリームの天ぷら
不思議なデザートですよね〜
目の前で板前さんがアルミホイルに包まれたボール状のバニラアイス
衣をつけてたしかに揚げてるんですよね。
外は熱々のサクサク、でも中は冷たいアイス…
これがうまいんですよ!
ん〜襲名披露に天ぷら、いい1日でしたぁ〜

赤坂うまや「チキンカツ定食」 [怪しいグルメ]

赤坂…というより赤坂見附なのですが、
(この辺もワシにはまだまだ未開の地)
赤坂不動尊の鳥居をくぐり、すぐ左に曲がると「うまや」というお店があります。
うまや
市川猿之助がプロデュース(?)したというお店です。
ここはオープンした直後くらいに何度が来たことがあるお店で、
ふと思いついたので、久々に尋ねたんです。
うまや
門をくぐると、右に猿之助の看板もあり、奥は稽古場になっているそうです。
のれんをくぐればお店の入り口へ。
カウンターに座って出されるのは、水。
エビアン
水なんですが、Evianなんです(笑)
まぁ和の雰囲気漂うお店で、海外のようにペットボトルをそのまま出すというのも
どうかと思いますがね(汗)
ホントはチキン南蛮定食が食べたかったのですが、売り切れだったので
「伝説の味 みつせ鶏のチキンカツ定食」を頼みました。
みつせ鶏のチキンカツ定食
身に弾力があって、味もしっかいりしているうまい鶏ですよ〜
特製ソースにつけて食べれば、ご飯が進みます〜
もちろんご飯はおかわり自由です!
…が、ここはちょっと店員さんがつかまりにくい難点がありましてねぇ…
なかなかおかわりができませんでした(汗)
昔からこうなんですけどね。
あとここは、夜来るとつくねとか鶏関係、豆腐関係がおいしいですよ〜

サーモンと明太子のクリーミーポテトサラダ [怪しいグルメ]

仕事帰り、大宮の柿安で、
サーモンと明太子のクリーミーポテトサラダを買ってきました。
サーモンと明太子のクリーミーポテトサラダ
100g399円なんですけど、
2パック500円だったのが、買った理由です(笑)
このサラダも3回目の登場なんですけど、
閉店間際で売れ残っているときでないと買えないのです〜
最初食べるまでは、サーモン+マヨネーズ系サラダの組み合わせに
違和感がありましたが、
結構うまいんですよね〜
安ければもう少し買う頻度も上がるのに〜(笑)

東京駅「たけがみ 一轍そば」 [怪しいグルメ]

東京駅のキッチンストリート内にある蕎麦屋さん
「たけがみ 一轍そば」へ行ってきました。
たけがみ 一轍そば
ここは「赤坂たけがみ」が出した蕎麦専門店なんですね〜
今まで何度もキッチンストリートには来ていますが、入るのは初めてです。
寿司とのセットや鴨なんかもありましたが、
やはりまずはせいろそば、そして十割そばもあったので、それも(笑)
せいろそば
(↑クリックするとデカくなります)
まずはせいろそば。
看板に“手打ち”と書いてありますが、それは間違いないでしょう。
こしもしっかりしてますし、駅の中で食べられる蕎麦としては、
レベル高いと思いますよ。
汁も、甘すぎず辛すぎず、ちょうどいい感じ。
…悪く言えば個性がないんですけど、東京駅という場所柄、
この方がいいと思います。
十割そば
(↑クリックするとデカくなります)
続いて十割そば。
若干色が濃いかなぁというくらいで、いまいち違いがわかりません(笑)
香りも、もっと差があるかと思いましたが、そうでもなかったし。
そばは普通のせいろそばよりも細めで、でもこしはしっかりちゃんとあります。
ん〜まぁそのくらいでしょうか。
それ以上普通の蕎麦との差を見出せませんでした…
蕎麦湯はしっかりしてました。
出かけたとき、手軽に蕎麦を食べたいときにはいいお店じゃないですかね〜

天青のランチ「天青天丼」 [怪しいグルメ]

外苑前にある天ぷらのお店「天青」へ行ってきました。
ここはミシュランで1つ星を取ったお店でもあります。
天青
古びたマンションの1階に、そのお店はあります。
カウンターが8席だけ(奥に個室はあるそうです)の小さな店内です。
ホントは天ぷら定食を食べようと思っていたのですが、
止むに止まれぬ事情から、天丼に変更しました。
その事情とは…デジカメメモリーを入れ忘れた!!(爆)
内臓メモリーでは2枚しか撮れないんですよぉ
定食だと天ぷらを1品ずつ揚げては出してくれる形式だったので、
それでは間に合わなぁ〜い!
まさかケータイで撮るわけにもいかず(音がするしね)
なので、天丼になったわけです。
まぁでも天丼もランチでしか出してないものですから、
気を取り直して食べることにしましょう!
待ってる間も、天ぷらを揚げるいい音が聞こえます。
そして、揚がった天ぷらをたれに一瞬だけ漬ける…
すると、ジュ〜っていう何とも食欲を誘う音が!
そして出てきたのがこちら。
天丼
ん〜うまそう!!
天丼というと、一般的にはもっと濃いものだと思いますが、
これは思ったよりあっさりしてますね〜
軽い感じがします。
天丼
(↑クリックするとデカくなります)
たれにもどっぷり浸ってるわけではないので、くどくありません。
上に1つだけ春野菜の天ぷらが乗ってるんですけど(写真下の方)
それだけたれがかかってないんですよ。
軽く塩がかかってるんですけど、
それを食べてこの天ぷらの洗練された感覚がわかったような気がします。
小ぶりの海老やその他の具材も、揚げる時間をコントロールしていて、
ちょうどいい食べ具合になってます。
まさに丼の中の小宇宙です〜!
逆に、こってり・がっつりな丼を食べたい人には、
ちょっと物足りなく感じる(量的な意味だけじゃなくね)かもしれませんけどね。
浅草の大黒家とは対極にあるような天丼でした。
あと、前菜にサラダが出てきたんですけど、
普通のキャベツや玉ねぎを刻んだサラダの中に、
ちょこっと塩こんぶが入ってました。
フジッコのCMなどではやってますが、食べるのは初めてだったんですよ。
へ〜こういう味がするんだ。いいもんだなぁっと思いました。
これはちょっとマネしてみよう♪
お店の雰囲気もいいので、天ぷらを楽しむにも、デートで来るにもいいお店です。
で、天ぷらもよかったんですけど、
それ以上によかった(?)のが、お店の方。
和服の女性の方がいるんですけど、

超ぉぉおお!!キレイなんですよ♪
その方の写真を撮りたかったくらいです(爆)
…また来ます(笑)

南千住砂場 [怪しいグルメ]

大食いの後輩が三ノ輪に新築マンションを買って、今週頭に引越しをしたんです。
そこで引っ越し祝いかたがたもう1人の後輩と一緒に乗り込んだのですが、
仕事もある身ですから、引っ越してすぐに片づけが終わってるわけもなく、
まだダンボールが20箱くらい積んでありました。
やることもないので、整理を始めました。
近くにオリンピックがあったので、手始めにCDラックを買ってきて、
CDやDVDの整理から開始。
始めたら止まらなくなっちゃって、もう1度オリンピックへ行って
収納用の簡易タンスみたいなやつ買ってきて、
民主党の仕分け部隊のごとく、本人の意向は無視して、
独断でバシバシ捨てていって、なんとか部屋としての空間を確保!

そのあと飯を食いに商店街へ。
せっかく三ノ輪に来たのですから、“砂場”へ行きましょう。
南千住砂場
都電の三ノ輪橋駅に並ぶ商店街の中ほどにある
「南千住砂場」です。
建物は文化財らしいですよ。
店内には6,7人の蕎麦好きサークルみたいな組がいるだけでした。
3人とも大もりを頼み、そして鴨ぬきも1つ頼みました。
鴨ぬきは、鴨南蛮から蕎麦を抜いたものです(笑)
いやボケではなく、そういうメニューが昔からあるんですよ!
あの藪蕎麦にも「鴨ぬき」「天ぬき」ってありますからね〜
鴨ぬき
(↑クリックするとデカくなります)
寒いときなんかは、日本酒のおつまみに合うらしいです。
ワシは飲まないからわかりませんけどね。
鴨のダシが染みていて、うまい!
ここはごま油が入ってるんですね。香ばしいですけど、
鴨の香りだけでもいいかなぁとも思いました。
大もり
(↑クリックするとデカくなります)
大もりは、蕎麦は白め。更科系に近い感じですかね。
ここは、とにかく麺が長い!
箸でどこまでも上に持っていっても切れません(汗)
その分、ツルツルッ!っとしたときの喉越しは格別なんですけどね(笑)
ちょっと上品には食べにくい…
汁は甘めですけど、こういう蕎麦には合ってると思います。
ワシは元々甘めの汁が好きですし〜
あと、ここは蕎麦湯が濃い!
夜だったからかもしれませんが、異様にドロッとした蕎麦湯でした。
3人ともちょっと物足りなかったので、もう1度大もりを食べました(笑)
要は全部で3人前食べちゃいましたぁ
ずば抜けてうまい!っていうわけではありませんが、
質は高いと思います。
地元に根付いているし、こういう店が近くにあるっていうのはいいなぁ〜

続きを読む


トラットリア コルティブォーノ東京 [怪しいグルメ]

ランチに有楽町のイトシア4階にある
トラットリア コルティブォーノ東京」へ行ってきました。
トラットリア コルティブォーノ東京
イトシアができて以来、それなりに評判のいいお店みたいですね。
ま、行った理由は食事以外にもあるんですけどね〜
前菜にスープと、そしてパンもつくパスタセットを頼みました。
ミネストローネ
スープはミネストローネ。
野菜がよく煮込まれていて、食べやすかったです。
寒い日なんかはいいでしょうね〜
スモークサーモンとエリンギ茸バジリコクリームソース
頼んだパスタは「スモークサーモンとエリンギ茸バジリコクリームソース」です。
サーモンはたいていクリームソースですが、
バジリコまで入っているのは久々に見たなぁと思ったんですよね。
サーモンが強くて(いいんですけど)、バジリコは思ったほど感じませんでしたね。
そういう意味では味のバランスが取れていて、日本人向けにしてるのかな?
しかしサーモンはパスタにしてもうまい♪
パスタの食感もよかったし、エリンギも、クリームソースにピッタリですね〜
エスプレッソ
最後はエスプレッソで締めました。
テラス席で食べたんですけど、今日は暖かかったのでよかったです!
値段も、銀座と考えれば手ごろでしょうかね。
ちょうど食べ終わった頃に雨がぽつぽつ…
タイミングもよかったです(笑)
人だかり
帰りに下を見ると、ちょうどフィギュアスケートが始まるところで、
人だかりができてました!
ワシも帰りの電車でワンセグで見ていたのですが、
ちょうどキムヨナが滑るところで、浦和付近で電波が拾えなくなりました(苦笑)
前の30件 | - 怪しいグルメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。