So-net無料ブログ作成
怪しい競馬 ブログトップ
前の30件 | -

レーシングプログラム [怪しい競馬]

あ、そうそう。
レープロ
凱旋門賞のレープロが欲しいという方は、
メールでご連絡ください。
郵送いたします。

凱旋門賞前哨戦終了 [怪しい競馬]

さて、あと1ヶ月を切った凱旋門賞(G1)ですが、
主な前哨戦が終了しました。
9/4(土)には愛チャンピオンS(G1)、そして先ほど9/12(日)にヴェルメイユ賞(G1)、
フォア賞(G2)、ニエユ賞(G2)が行われました。
日本馬も出ましたが、そちらは普通の競馬ファン並みの興味はないのですがね(汗)

まず、何と言ってもこのレース。

●愛チャンピオンS(G1)
1着Cape Blanco2:03:89
2着Rip Van Winkle5 1/2
3着Twice Over短頭

先行から他馬を寄せ付けない圧倒的な強さで勝ったのが
愛ダービー(G1)馬で2番人気のCape Blanco
前走は“キングジョージ”2着。
このとき11馬身前にいたのが、故障で引退を余儀なくされたHarbinger
社台が種牡馬として購入を決めて話題になりましたが、
このレースでCape Blancoが圧勝したおかげで、
より一層Harbingerの評価が上がることになるでしょう。
2着は1番人気のRip Van Winkle
前走はヨークのインターナショナルS(G1)1着でこれが今期初勝利。
昨年はQエリザベス二世S(G1)からBCクラシック(G1)10着。
今年はどういう路線に進むのか注目です。
3着はTwice Over
昨年の英チャンピオンS(G1)、今年のエクリプスS(G1)の勝ち馬で、
前走はインターナショナルS(G1)でRip Van Winkleの2着。
この馬も昨年はBCクラシック(G1)へ進んでZenyattaの3着。
今年も中距離路線ですかね。
メンツからいって、凱旋門賞に来そうなのは勝ったCape Blancoくらいでしょうかね。

続いて同じ競馬場、距離で行われた3レース。出走時間の早い順で。
●ヴェルメイユ賞(G1)
1着Midday2:32:40
2着Plumania3/4
3着Sarafina1/2

勝ったのは1番人気で昨年のBCフィリーアンドメアターフ(G1)の勝ち馬Midday
今期も絶好調でナッソーS(G1)、ヨークシャーオークス(G1)と連勝中でここも勝利。
昨年は凱旋門賞(G1)と同日のオペラ賞(G1)からBCへ進んだが、
今年も同じ路線に進むか、それとも…
2着は4番人気のPlumania
前走サンクルー大賞典(G1)では牡馬相手に勝利。
2着は3年連続凱旋門賞(G1)2着のYoumzainだから価値ある勝利。
伏兵の一角となれるか?
3着は1番人気で無傷の3連勝でディアヌ賞(フランスオークス)(G1)を制したSarafina
この馬はオペラ賞(G1)に回るかな?

●ニエユ賞(G2)
1着Behkabad2:30:80
2着Planteurアタマ
3着Kidnapping

3歳馬による前哨戦ニエユ賞(G2)。
勝ったのは凱旋門賞(G1)本番の前売りオッズでも人気の一角Behkabad
前走同距離のパリ大賞典(G1)を勝っており、血統的な魅力もあり、本番が楽しみ。
2着は、そのパリ大賞典(G1)2着のPlanteur
ノアイユ賞(G1)を勝ったあと、ジョッキークラブ賞(フランスダービー)(G1)、
パリ大賞典(G1)、ニエユ賞(G2)と3戦連続2着。
勝ちきれないが安定性は強みか。
ヴィクトワールピサは先頭から8馬身差の4着に敗れました。

●フォア賞(G2)
1着Duncan2:35:90
2着ナカヤマフェスタ3/4
3着Timos

勝ったのは出走6頭中最下位のDuncanで出走4戦目でこれが重賞初制覇。
ナカヤマフェスタは3/4馬身差の2着で、本番に目処が立ったか。
1番人気で今年のプリンスオブウェールズS(G1)の勝ち馬Bywordは4着。
波乱気味の決着で、本番へのステップとしてはいかに?

2010キングジョージ六世&クイーンエリザベスS(G1) [怪しい競馬]

去年は新型インフルエンザもあったし、立浪の引退もあったし、
断念したんですけど、今年は行きますよ!凱旋門賞(G1)

ってなわけで、有力馬の動向が気になるわけですが、
2010年上半期の総決算“キングジョージ”が先ほど終わったようで…
今年は2頭のダービー馬が出走してきて、
どんなレースを見せてくれるのかと期待していたのです。
1頭目は、わずか3戦目のキャリアでダービー(G1)を制したWorkforce
レースで見せた7馬身差とコースレコードのパフォーマンスもすばらしく、
経験不足であることが懸念されるも1番人気。
2頭目は、そのWorkforceにダービー前哨戦のダンテS(G2)で
3馬身以上の差をつけて勝っているCape Blanco
この馬はジョッキークラブ賞(仏ダービー)(G1)に駒を進めて10着に敗れるも
愛ダービー(G1)を勝っていて3番人気。
この2頭以外、古馬は正直小粒です。
ドバイシーマクラシック(G1)を勝ったDar Re Miは直前で回避。
古馬の大将格Fame and Gloryは出走せず、
メジャーどころで出てきたのは3年連続凱旋門賞(G1)2着のYoumzainくらい。
そして前走ロイヤルアスコットの12F戦ハードウィックS(G2)を勝った
上がり馬のHarbingerが2番人気に押されていました。
この馬は素質はあると言われながらも、出遅れていた馬でした。
少々寂しい6頭立てで行われた“キングジョージ”でしたが…

結果は2番人気のHarbingerが2着に8馬身差くらい差をつけて圧勝!
すごいパフォーマンスを見せてくれました。
2着がCape Blanco、3着がYoumzainで、Workforceは離された5着に敗れました…

さて、この勝ったHarbingerが今後どのような路線をたどるのか注目されます。
そして2着になったCape Blancoと3着Youmzainはおそらく凱旋門賞(G1)に向かってくれるでしょう。
さてと…ややこしくなってきたぞ〜!

とうとう逝った… [怪しい競馬]

オグリキャップよ
安らかに眠れ…

Prix de l'Arc de Triomphe 2009 凱旋門賞Sea the Stars圧勝 [怪しい競馬]

強い…やっぱり強かった!!
18頭立てで行われた今年の凱旋門賞(G1)は、
1番人気のSea the Starsが2馬身差で勝利。
着差以上の圧勝といっていいでしょう!

2着にはYoumzainで、なんと3年連続の凱旋門賞2着です。
3着には、前走ニエユ賞(G2)を勝った地元フランス3歳馬Cavalryman
古馬筆頭で、昨年のBCターフ(G1)、今年の“キングジョージ”(G1)を
勝っているConduitが4着。

5着に、前走ヴェルメイユ賞(G1)で“降着騒動”となったDar Re Mi
敗れはしましたが、Stacelita(8着)には先着しており、汚名返上です。
Fame and Gloryは6着、Vision d'Etatは10着でした。

ぬぁ〜やっぱり観に行きたかったよぉ〜!!

あ、それと…間違っても

「ジャパンカップ(G1)に来て欲しい」
なんて恥ずかしいこと言わないようにね〜(苦笑)

−過去の記事−
凱旋門賞への道
行くいく詐欺
第87回凱旋門賞Zarkava強し!
とりあえず凱旋門賞の結果だけ
第85回凱旋門賞(GI)

凱旋門賞への道 [怪しい競馬]

今年は競馬ネタをまったく書いていないのですが、
愛チャンピオンS(G1)のSea the Starsの走りっぷりを見たら、
書く気にさせられますよ(笑)
この馬が凱旋門賞(G1)に出るのか、BCに行くのかはわかりませんが、
現状有力馬の1頭であることは間違いないです。
まぁとにかく今年の欧州はこの馬中心に動いているといっても
過言ではありません。
なので、この馬中心に見ていきます。

続きを読む


行く行く詐欺 [怪しい競馬]

一番恐れていた、そしてある程度予想もできた展開ですなぁ…
ブエナビスタ、凱旋門賞(G1)断念。
何で?
レース前には
“ここで勝ち負けできんようでは(凱旋門賞へ)行く価値がないやろ”
とコメントしていたようですが。
で、結果はクビ差の2着。負けましたが、
言うように“勝ち負け”にはなってますよ。
人気薄の馬に負けたから?
レース内容が気に入らないから?
これなら、あちこちファンが書いているように
“元々行く気がなかったから、負けたのを理由にした”
としか思えませんね。
そもそも何のための札幌記念出走なのかも理解しがたいし。
洋芝だから?だったら現地のレースに出せばいいだけ。
まぁ実際に決めるのはオーナーであり調教師なわけですが、
大レースを勝った馬というのは、ある意味ファンみんなの馬ですよ。
そのファンに大々的に「凱旋門賞挑戦」なんて言っておいて、
ちょっとの差で負けたくらいで、すぐ断念だって。
バカにしてんのか!!
呆れて開いた口が塞がりません
ファンは裏切られた気分でしょう。
昨年のディープスカイのときと同様ですな。

負けたから行かないというのなら、
軽々しく“挑戦”なんて口にしなければいい。
話題づくりですか?
アドマイヤムーンで海外遠征も経験しているだけに、がっかりですよ。
こんな形でしか話題が作れないもうろくジジイ調教師なんていらね〜
お前は2度と“海外”なんて口にするなよ!!
2006年凱旋門賞(GI)

ロンシャン競馬場のゴール板は遠いね…

かわいそうなのは旅行会社。
昨年もそうでしたが、日本馬が行かないと決まったとたん、
キャンセル続出ですよ。
こういう馬や調教師のことを

まぁいわゆる行く行く詐欺 と呼びます(苦笑)

2000年凱旋門賞のポスター [怪しい競馬]

ワシは1998年に初めて凱旋門賞観戦ツアーに参加して以来、
通算7回観に行っています。
もちろん今年も行く予定ですよん♪
で、2000年に行ったとき、現地で特大のポスターをもらっていたんです。
同じものを2枚もらったのですが、
まぁ裸でもらったものでしたので、道中、また帰りの飛行機等での
保存状態がいいとは言えず、しわになったり、一部破けていたり…
という状態ではありましたが、一応取っておいたんです。
ですが、そのポスターのサイズというのが、
1200x800mmという巨大なもので、
しかもA1とかB1といった規格ではないものなので、
パネルがないんです。
で、この数年間ず〜〜〜〜っと放置状態だったのですが、
ようやくパネルを買う気になりまして…(汗)
で、東急ハンズに特注を頼みに行ったら、

なんと値段が1万円!!
ひぇ〜
ま、まぁ仕方がない。
思い出の品でもあるしね。
凱旋門賞ポスターそして、先日送られてきましたので、
玄関に飾ることにしました〜

ん〜ちゃんとした保存ができていればなぁ
とも思いますが、
おもったよりはちゃんと見えますね♪
ふぅ…


ちなみに2000年凱旋門賞ですが…
パドックの写真しかデータが残っていません(汗)
ん〜消しちゃったのか、度重なるHDDの移行の際に
どこかへ行ってしまったのか…(苦笑)

Mountjeuこの年は、前年エルコンドルパサーを
2着に退けた優勝したチャンピオンにして、
この年タタソールズGC(GI)、サンクルー大賞(GI)、キングジョージ(GI)、フォア賞(G�)と4連勝中の
王者Mountjeu



Sinndarこの年の英愛ダービーを連覇し
前哨戦ニエユ賞(G�)も圧勝で
7戦6勝の3歳馬Sinndarの一騎打ち。
結果はSinndarが差し切り勝ち。
Mountjeuは4着に沈みました。
ワシはMountjeuSinndar
そしてVolvoreta(ヴェルメイユ賞勝ち馬。3着)
の3頭でJP(日本で言うワイド)を
買っていたので、的中してます(笑)

とりあえず凱旋門賞の結果だけ [怪しい競馬]

DYLAN THOMAS勝ったのは古馬の代表格
DYLAN THOMAS(牡4歳)
です。
3歳馬のAUTHORIZED
SOLDIER OF FORTUNEも牝馬MANDESHA
大敗で、馬券は荒れましたよ。
詳細レポは帰国してからってことで〜
レープロ欲しい方はお早めにご連絡を。

中山競馬場「i−Seat」 [怪しい競馬]

会社の事務処理の関係で休みがまちまち。

土曜日が休みになりました。

今日は野球もないし、来週に備えて競馬感を取り戻そうと、

中山競馬場へ行ってきました〜♪

中山は、実は中央4場の中で一番行ってない競馬場かも。

i-seat行ったのは、9月に新しくできた「i−Seat」です。

11時前に到着して、手続き。

ここでICカードを受け取ります。

ロイヤルボックスの代わりにできたところなので、

場所は1コーナーの辺り。

ゴールははるか右手です。









4R障害未勝利スタート最初に見た4Rの障害レースだけが、

目の前がスタートでした。

さて、シートは1人1人別々の席で、

椅子もかなりゆったりしてます。

机の上にはモニター、マウス、テンキーがあって、

このモニターで馬券を買ったり、映像を見たり、

情報を得たりできるんですよ。

まず、ICカードで暗証番号を登録して、

払い戻し機で入金をします。



在席投票カード入金した分だけ、座席で馬券が買えるという仕組みです。

モニターでは、自分の買う馬券、履歴はもちろん、

各競馬場で流れている映像を選択して見られるほか、

インターネットでJRA-VANの情報も見られます。

新聞のない阪神の情報もJRA-VANのおかげで確認できます。

前走とか、オッズとかいろいろあります。

なので、いろんなレース買いましたよ。

ワシは基本的に1レース1点500円(基本ワイド)です。

当たったら、ちゃんと画面で知らせてくれます!





中山5R 中山6R 札幌8R
札幌9R 収支 札幌10R
中山10R 阪神10R 札幌12R


全部で19レースやって、8勝でした。

メインの阪神シリウスS(G�)のみ1000円買って、

合計1万円。

札幌は8R〜10Rまで3連勝!

準メインも札幌、中山、阪神連続勝利!

でもメイン3レースは全滅…

結局ちょこっとプラスでした〜

ふぅ。よかった。

来週は凱旋門賞だ〜!!

ようやく決定 [怪しい競馬]

今年はカレンダーが3連休だったので、断念かと思いましたが、許可が下りました。
よって、今年も行ってきますよ。

凱旋門賞
エールフランスのいつもの便も抑えました。
行きは10/6のAF0277、帰りは10/9のAF0276です。
いつもどおり、無駄な月曜も入ってます。
ただ、時期が間近になったせいで、
飛行機代が3万くらい高くついてしまいました…(苦笑)
KIRの中島さん曰く、
今年は日本馬の参戦が中止となったため、
キャンセルもあって人があまり集まらず、
スタンダードクラスのホテルはやめてしまったとか。
なので、ホテル代も少し高め…
ユーロの高騰もあるし、全部で30万くらいですか。
まぁ仕方ないですね。
去年のGare de Lyonのホテルは利便性高かったんだけどなぁ。
ま、とりあえず行くことは決まりました〜
あとは有力馬が故障しないことを祈るだけです!

ショッキングな競馬の出来事 [怪しい競馬]

週末忙しくてすっかりチェックを忘れていたのですが、

ロイヤルアスコット開催のコロネーションS(GI)で
注目のFinsceal Beoは、よもやの8着と大敗したようです。

馬場が合わなかったという陣営の分析みたいですが、
なんともしっくりこない敗戦で残念です。

勝ったのは英1000ギニー(GI)で2番人気ながら5着に敗れ愛1000ギニー(GI)を回避したIndian Inkで、
2歳時のチヴァリー・パークS(GI)以来のGI2勝目。

2着は独1000ギニー(G2)馬Mi Emma

Finsceal Beoを敗ってPOULE D'ESSAI DES POULICHES (仏1000ギニー)(GI)馬となったDarjinaが3着。

レースは直線半ばで抜け出したIndian Inkが、もがく2着以下を尻目に圧勝。

本来の実力はこのくらいあって当然でしょうか。

夏から秋のマイル路線を賑わせてほしいものです。

当然Finsceal Beoにも期待しています!!


●コロネーションS(GI)

1着 Indian Ink

1:42:26

2着 Mi Emma

3着 Darjina





もう1つ残念なニュースはアメリカから。


昨年の年度代表馬Invasorが骨折による故障のため引退するそうです。


昨年はBCクラシック(GI)でBernardini

今年はドバイワールドカップ(GI)でDiscreet Cat

ワシの好きな馬を敗り(笑)


現在ワールド・リーディング・ホースでもトップをいっていただけに残念です。

たぶん5年ぶりの東京競馬場 [怪しい競馬]

正門普段は金曜が休みなのですが、入れ替えで土曜休みとなりました。
ナゴヤドームへ行こうかとも思ったのですが、ちょっと資金不足なのもあってためらい、
土曜だから競馬場へ行こうと思い、いつ以来か覚えていないくらい超久々に東京競馬場へ行きました。


天皇陛下行幸碑なにしろ一昨年こそ福島、新潟と行けましたが、それい以外はここ数年京都の金杯とフランス凱旋門賞くらいしか見てませんでしたからね。
10年くらい前まではホームグラウンドにしていて、顔見知りのおっちゃんもいっぱいいたのにねぇ…
金曜にキャンセルの指定席を取ろうとしたら、S指定しかあいていなかったので、残念ながらFUJI VIEWスタンドデビューはお預けでした(疲れていたので朝から並ぶ気はなかったんです)。
いやぁ、府中競馬正門前駅からの通路もきれいになって、見違えるような東京競馬場でした。
ただ…入り口でお出迎えをしてくれるお姉さんのレベルがイマイチで…(爆)
FUJI VIEWスタンドの中FUJI VIEWスタンドはいいですね。
ただ、指定席エリアはちょっと狭くなってますね。
その分レストランスペースとかが多くなってました。





S指定からの眺めかつてはA指定コ列30番台がワシの指定席だったんですけど、今日ははるか向こうのS指定…
馬券の方は、ちょい負けくらいでした。

帰って森野の逆転3ランに間に合いました。
まぁまぁの休日でした。

2000ギニー、1000ギニーともに英愛連覇! [怪しい競馬]

先週末行われたアイルランドのクラシック。


愛2000ギニー(GI)と愛1000ギニー(GI)は、ともに英ギニー馬が勝ちました。




5/26(土)に行われた愛2000ギニー。

英2000ギニーを勝ったときはフロックかと思われたCockney Rebelでしたが、ここは1番人気に押され優勝。


あのROCK of Gibraltar以来となる英愛2000ギニー連覇です。

2着には前走プールデッセデプーラン(仏2000ギニー)(GI)2着の3番人気Creachadoirが入りました。




一方翌日5/27(日)に行われた愛1000ギニー。

3カ国1000ギニー制覇の野望はフランスで惜しくもならなかったFinsceal Beoだったが、

前走同様直線抜け出すと、今回は追い込み馬を抑えて首差の勝利。


2004年のAttraction以来2頭目の英愛1000ギニー制覇を達成した。



●愛2000ギニー(GI)


1着 Cockney Rebel

1:36:10

2着 Creachadoir

3着 He's A Decoy



●愛1000ギニー(GI)

1着 Finsceal Beo

1:39:30

2着 Dimenticata

3着 Peeping Fawn





そういえばAttractionは初の英愛1000ギニーを連覇した馬の割には、あまり目立たなかったですねぇ…


同世代に欧州年度代表馬となったOuija Boardがいたからでしょうか。




Attraction

2歳時はGI未出走でありながらカルティエ賞2歳牝馬チャンピオン選ばれた馬であり、英愛1000ギニー後はコロネーションS(GI)も勝って向かうところ敵なしであった彼女でしたが、

古馬と初激突したファルマスS(GI)でSoviet Songの2着に敗れ、ジャックルマロワ賞(GI)でSix Perfectionsと対戦して殿負けを喫し、メイトロンS(GI)でまたもSoviet Songの2着と古馬の壁に阻まれました。

10月のサンチャリオットS(GI)には勝ってGI4勝目を挙げましたが、同じ英愛連覇でもオークスを連覇しBCフィリー&メアターフ(GI)を勝って年度代表馬となったOuija Boardの前に霞んでしまったわけです…

翌年香港へ遠征するもいいところなく、英へ戻ってからハンガーフォードS(G3)で4着に敗れたあと、再びメイトロンS(GI)に挑んで勝利。

これがラストランとなりました。

栄光の3歳春のあと古馬の壁に当たり、故障に悩まされ、それでも最後に復活の勝利を挙げましたが、ワシ的にはイマイチ目立たなかった(汗)

生ける伝説とはならず? [怪しい競馬]

ジンクスは破られるためにあるものではあるのですが…

ワシの巨人戦負けなしというジンクスも破れましたが、

そんなものよりもっと大きなジンクスに打ち勝った馬がいました。

それはケンタッキーダービー(GI)を勝ったStreet Senseで、

BCジュヴェナイル(GI)勝ち馬は勝ったことがないというジンクスを破りました。



同じ週末に行われた英1000ギニーを勝ったFinsceal Beo

この馬は、実は多くの日本のファンが見ている馬です。

そう、ディープインパクトが出走した凱旋門賞(GI)が行われた日、同じ日にあったマルセルブーサック賞(GI)を勝ったのがこのFinsceal Beoなのです。

…とはいっても、みんなディープインパクト以外見向きもせず(?)覚えている人は少ないはず…

ワシもレースは見ましたが、このときは情報不足で馬券は買っていませんでした。

そのFinsceal Beoが1番人気で英1000ギニーを勝ちました。

先週やっと映像を見たのですが、道中は中段から残り2fくらいのところで先頭に立ち、そのまま後続との差を開いて勝利。なかなか強いレースっぷりでした。

そして、当初は愛1000ギニーに出走する予定だったのですが、なんと3カ国の1000ギニー制覇という偉業を達成すべく、連闘でプール・デッセ・デ・プーリッシュ(仏1000ギニー)(GI)に出走しました。

いやぁこれが惜しい!!

直線では内から伸びて、残り300mいったん完全に抜け出していて、このまま二冠達成か!…と思ったところ、
地元のDarjinaの末脚炸裂でゴール直前に差し切られ、頭差の2着に敗れました。

負けましたが、Finsceal Beoの関係者は馬場が合わなかったことが原因と結論付けているようで、予定通り愛1000ギニー(GI)へ向かう模様。

一方勝ったDarjinaはこれで無傷の3連勝。

次走はディアーヌ賞(GI)もしくはコロネーションS(GI)に向かうようで、もしかしたら、コロネーションS(GI)で再戦もあるかもしれません!

楽しみです。

負けはしましたが、競馬ブック曰くアイルランド語の「生ける伝説」というFinsceal Beoの馬名は、現実のものになれる可能性は大いにあります!!





●英1000ギニー(GI)


1着 Finsceal Beo

1:34:94

2着 Arch Swing

21/2

3着 Simply Perfect

11/4






●POULE D'ESSAI DES POULICHES (仏1000ギニー)(GI)


1着 Darjina

1:37:20

2着 Finsceal Beo

3着 Rahiyah

11/2


そういえばドバイ [怪しい競馬]

書くの忘れてましたよ、ドバイWC(GI)の話。


いやぁ去年のBCクラシック(GI)ではBernardiniに期待するもInvasorに敗れ、

今回もDiscreet Catはまるで日本馬のごときレースっぷりで最下位…

どうもInvasor運がないのか(笑)


それにしてもInvasorはすさまじい走りで、Premium Tapはよくついていったと思います。
3着が8馬身差ですからね。



●ドバイワールドカップ(GI)






1着 Invasor

1:59:97

2着 Premium Tap

13/4

3着 Bullish Luck



それからドバイデューティーフリー(GI)でアドマイヤムーンが見事勝利!


ワシはダイワメジャーの方が好きで、アドマイヤムーンは特に興味のある馬ではなかったのですがね(爆)


ダイワメジャーも3着に入りましたし、両馬とも芝ではなくダートだったのによくがんばりましたよ。


ドバイのダートへはダートの一流馬ではなく、芝の一流馬が来ないと勝負にならないってことが証明されたのではないでしょうかね〜





●ドバイデューティーフリー(GI)






1着 アドマイヤムーン

1:47:94

2着 Linngari

1/2

3着 ダイワメジャー

41/4



勝ったことよりも、いや勝ったからでしょうが、ダイワメジャーはこのまま香港からヨーロッパへ行くとのこと。


この考えに最大限の評価と賛成をします。


やはりこうでなくては!!


クイーンエリザベス2世C(GI)のあと、宝塚記念など出ずにそのままヨーロッパへ直行してください!


中距離なら、調整が間に合えばロイヤルアスコットのプリンスオブウェールズS(GI)なんかに出てもいいし、7月のエクリプスS(GI)、からインターナショナルS(GI)、愛チャンピオンS(GI)って路線があるし、
マイルならサセックスS(GI)から夏のマイルロードであるジャックルマロワ賞(GI)、ムーランドロンシャン賞(GI)、Qエリザベス�世S(GI)からBCマイル(GI)ってのもいいな〜


夢は広がります!!


結果はともかく、エルコンドルパサーに次ぐ長期参戦に期待しています!



ドラゴンズは昨日の敗戦ショックもなく逆転勝利!!


途中3回もバント失敗でチャンスを潰すも、最後は8回裏の満塁のピンチを凌いで9回に森野の逆転3ラン!


ウッズにもヒット&ホームランが出たし、いい形で3戦目が戦えます。


明日は川上っぽいし、楽勝で楽しいゲームにしてくれよ〜!!


これが700投稿目でした(汗)


あいた口がふさがりません [怪しい競馬]

ふと見たYahoo!トップページのトピックスを見て驚きました。
「ディープ、7冠が2冠に格下げ?」という記事が!
また何か失格騒動でも持ち上がったかと思ってクリックすると、あった記事がこれ。
7冠馬ディープ格下げ?国際グレード競走以外「G」使えない!(サンケイスポーツ) とあります。

はぁ? さすがはミーハー競馬ファン専門誌週刊Gallopを出してるサンケイだけのことはあるなぁ(笑)。
今さらそんなことを言っているのはおたくだけで〜す!
もしかして今度の日曜のスーパー競馬でも特集するつもりじゃないだろうねぇ(汗)
でも山野浩一さんによると、JRAの中の90%の人がこのことを知らなかったそうで…そんなものですかねぇ。
ホントにごく一部の人たちの努力によって勝ち取ったパート�なんでしょうね(苦笑)

日本は2007年度から国際セリ名簿基準委員会のパート�国になったわけですが、おかげで今までJRAが勝手につけてきた“自称グレード”は使えなくなり、“自称GI”のうち、国際格付けされたレースだけがGIレースと呼べるレースとなります。ダービーなどのレースはGIではなくなるわけです(もちろんG�、G�も同様)。
ワシは競馬ブックで何年も前から多数の方が国際化に関する提言と現状の問題点を指摘していたのを読んでいたので、こういう混乱が起こることも当たり前のことのように受け止めていましたがね。
国際セリ名簿基準委員会がJRAに勧告しているというのは本当の話なのでしょうかねぇ。
山野浩一さんが競馬ブックの合同フリーハンデに書いた内容によると、グレードに関しては2年間の猶予があるそうですが…
だって、わかりきってた話なんだし。暮れになっていきなり「来年からパート�ね」と言われたって、そりゃ無理でしょう…
地方との統一グレードレースの場合は、ダート格付け委員会による審査でグレードが決められてきたわけで、おそらく来るはずのない外国馬向けの施設がないという点を除けば、外国馬に開放るだけですんなりパート�の格付を得られると思いますが、JRAのレースは主催者の都合で勝手にグレードをつけてるだけですからね。なので、そもそも統一グレードの方がJRAグレードよりも格上なんですよ。
強い馬が集まってレベルの高いレースをする→GIレースに認定する…これが格付けのGI。
GIレース作ったから強い馬集まってね〜…これがJRAのGIです。
JRAが今後どういった対応をするのか、興味深いです。

さらにこっけいだったのは
7冠が2冠に格下げっていう表現です。

するってぇとナニかぃ? まだ日本でグレード制を導入する前の三冠馬シンザンは無冠だっていうわけ?(笑)
ちゃんちゃらおかし〜よ〜
あいた口がふさがりません…
だって、別に日本がパート�になろうがなるまいが、ディープインパクトが勝ったレースのうち、国際GIレースだったのは宝塚記念のみ。今年からGIに格付けされた有馬記念を含めても、そもそもディープインパクトは国際的にはGI2勝馬なわけですよ。
別にパート�になった結果ではありません…
何を寝ぼけているのでしょうかねぇ。
制度が変わる前の馬なんだし、当時の大レースを7つ勝ったわけですからグレードがあろうがなかろうが“7冠”でいいでしょう。

いやぁ、某大臣の“機械発言”なんかよりよっぽど呆れる記事だったわ(苦笑)

ディープインパクト公開で思うファンのあり方 [怪しい競馬]

引退したディープインパクトをファンに公開するというイベントが行われ、抽選で当選した1200人のファンが写真撮影を楽しんだようです。
記事も見て知っていたのですが、ニュースで映像が流れているのを見てビックリ!

映像内でフラッシュの光が…

まだいるのか、
そういうバカな輩が!!
いくら引退した馬とはいえ、ワシならその場で排除だね。
まさか毛をむしろうとした奴なんていないだろうなぁ…(苦笑)
ワシがネットやHPをはじめて10年ちょっと。
当時からマナー向上はいろいろ言われていましたし、
当時つけていたバナー1HPでそういう活動をしている方もいて、
ワシも賛同してバナー貼ったりしてました。
当時つけていたバナー2(残念ながら当時のHPはもうなくなってましたが…)
馬は光や音にとても敏感で、
写真のフラッシュや歓声で驚いてしまい、力を発揮できないことも多々あります。
競馬が他のギャンブルと違って市民権を得たのは結構ですが、手拍子など度を越えた騒ぎ立てやフラッシュなどの迷惑行為は問題です。

野球では、プロ野球の鳴り物応援がしばしば問題視されるようです。
確かにメジャーリーグではプレイ中は静かです。
その代わりいいプレイに対しては最大限の歓声をあげる。
いい光景だと思います。
でも高校野球もブラバンを中心に同じような応援スタイルですが、誰も文句なんていわないですよねぇ。
同じスポーツでも、サッカーなどはどの国でも鳴り物あり大声援ですし、それで文句を言う国など聞いたことがありません。
もっとも、度が過ぎて客同士トラブルになることもあるようですが…
アメリカでもNBAなんかでは、敵のフリースローなんかでは、観客が風船を振ったりして邪魔をするような行為が定着してますよね。それに対して不満に思う選手もいないようですし。
それぞれの国で、それぞれの応援文化があっていいと思うんです。
人間がやってるスポーツですから。

でも競馬は馬が主役であり、お金がかかったギャンブルなのですから、公正であることが条件です。
それを邪魔するような行為はあってはならない。
いい加減やめてほしい…

続きを読む


恒例の金杯 [怪しい競馬]

5日は少し仕事を早めに上げてもらい、22:10発の夜行バスドリーム京都で京都駅へ。
毎年恒例の京都金杯へ出撃〜!!
去年もその前も…何年前からやってるかわかりませんけど(汗)
今年はバスが1Fで運が悪いなぁと思ったら、2-1シートの2人がけの方で、隣がいなかったため、思ったよりもゆったり足が伸ばせて快適でした〜
しかし、彦根からが事故による通行止めで迂回ルートを通ったため、1時間半遅れの7時半に京都着!
即座に京都競馬場へ向かいましたが、時すでに遅し…
土曜ということもあってか特Aはすでに完売。
仕方なく6FのA指定席へ。
こちらもワシが並んでから間もなく完売となりました。
特Aなら中に入って建物の中で待てるのに、A指定は外だから雨は降って寒いし、最悪の出だし(苦笑)
開門してから、整理券もらわずに指定席の列に並んでた奴らがもめてたけど、知らずに並んでるほうが悪いんじゃアホンダラ!!(笑)

寒かったのでお神酒なんかももらわず、とっとと席へ。
6FのA指定しかし席にはつけたものの、ゴール板が遠い席だなぁ…
仕方ないか。
席に競馬ブックとニッカンスポーツを置いてから場内をぐるっとまわり、戻ってきたら新聞盗まれてるし(苦笑)
なんてこったい。
今年はついてない年かも…
もう1度買いなおさねばならず、初っ端の1R買えず…
なので今年は2Rからのスタートでした。
レースの合間にはDSでDQMをやりつつ(笑)
シルヴァーの海老カツカレーお昼はシルヴァーの海老カツカレーを食べ、
メイン直前までは資金を倍にできました。
ちなみにワシの馬券予算は、
1〜10Rまで500円ずつ、メインレースで5000円の計1万円です。
必ず1点勝負!!
買ったからといってメインに上乗せなんかはしません。
んで金杯も1点5000円勝負でしたが、あえなくハズレ…
とんとんで終わりました。
まぁ今年はこんなプラマイゼロな年になるのかねぇ(汗)

例年ならここでイベントはおしまいなのですが、今年はこの先もイベントがあるため、早々に京都競馬場をあとにし、山崎駅行きのバスに乗ったのでした〜

あ、馬頭観音で初詣するの忘れてた!!

JCとパート�昇格 [怪しい競馬]

半分そうなって欲しいような、なって欲しくないような…そういう結果ではありました。
ワシは願望と保険の意味で、ハーツクライOuija Boardのワイドを買っていたのですが(笑)
3頭の競り合いの中、またもディープに土をつけたハーツクライ!
あるいは、さすが欧州年度代表馬!
という結末を期待していたんですけどね。
まぁここで負けたら一気に競馬人気が下火になってしまう可能性もあり、そういう意味でも快勝でした。
Ouija Boardはデットーリ騎手が「直線が長かった」とコメントしていたようですが、映像を見る限りちょっとエンジンがかかるまでもたついちゃったかなぁという印象でした。
もしくは、やはり2000mの香港がメインで、ちょっと余力あったのかねぇ…
ハーツクライはがっかりな結果。
この馬を物差しにして、ElectrocutionistHurricane Runの強さがわかると思ったんですがね。
このまま引退かぁ…
ディープはOuija Boardにこの着差をつけましたが、
コラム違うからレーティングはほとんど変わらないだろうね。

そういえば、日本がICS(国際セリ名簿基準)でパート�に昇格したようですが…
“日本が”ですよね?
“JRAが”という報道もありますが、どっちなんでしょ(笑)
ひねくれているようですが、実は重要な問題ですよ。
実質は日本=JRAというイメージですが、組織上そうなっていない以上、明確である必要があると思われますよ。
説明文においても、“日本の”って書いてありますが、全部“JRAの”ですよね。混同しないでよね(苦笑)
JRAのHPにおいてもニュースのトップでは“JRAは”って書いてありますが「パート�国昇格について」では“日本は”って書いてあります。
まぁICSが一競馬主催団体に対して行うわけはなく、“日本が”でいいと思いますが、
これでダービーなどの三冠レース、地方との統一グレードレースなどはすべてカナダや香港と同じくローカルグレードレースとなるわけです。
またJRAが今まで“勝手に”格付けを決めてきたグレードレースも見直しを迫られるでしょうねぇ。
これまでは国際GIに指定されているものを除けば、格という意味ではJRAが勝手に決めたGIよりも地方との統一GIレースの方が“日本のGI”という意味で上だったわけですけど、国際レースでなければ同じですかね。
来年からどういう表記するつもりでしょ。

ブリーダーズカップとメルボルンカップ [怪しい競馬]

いやぁ土曜日(現地時間ね)のBCはワシにとってはさんざんなものでした。

まずはBCターフ(GI)

もはや下降の一途だったのか、Hurricane Runにもはやかつての面影を見ることはできず6着の大敗…

勝ったRed Rocksはパリ大賞典(GI)で凱旋門賞馬Rail Linkの2着になったこともある馬ですが、重賞初制覇がBCとなったわけです。はぁ…



●BCターフ(GI)


1着 Red Rocks 

2:27:32

2着 Better Talk Now

1/2

3着 English Channel

21/4





そしてBCクラシック(GI)

前哨戦のジョッキークラブゴールドカップ(GI)にあのDylan Thomasが出てくるということで、凱旋門賞の余韻覚めやらぬうちに行われた超注目レースだったわけですが、あり得ないほどの大敗を喫し、本番出走を断念。

代わって浮上したのが昨年の2歳王者で、今年の英2000ギニー(GI)とQエリザベス�世S(GI)を勝ったGeorge Washington

マイルを捨てて(というか他馬に任せて?)ここへ挑んでくるというので、Giant's Causewayのときのように、Bernardiniとの接戦あるいは勝利を得ることができるのではないかと期待していたのですが…

あっけなくこちらも6着。

ただレース自体はBernardiniInvasorがいいレースをしてくれたのでよかったかな。

ワシはBernardiniにばかりめがいってましたが、Invasorも移籍後今期GI4連勝ですからね。伊達じゃなかったというわけです。



●BCクラシック(GI)


1着 Invasor

2:02:18

2着 Bernardini

3着 Premium Tap

21/2





そして仏2000ギニー(GI)馬Aussie RulesはBCマイル(GI)で8着(ちなみにサンデーサイレンス産駒Silent Nameは6着)。

散々でした。

唯一BCフィリー&メアターフ(GI)でOUIJA BOARDが1昨年に続き、そして昨年の鬱憤を晴らす勝利!!

この後は日程からして香港直行かなと思ってましたが、JC参戦する意思ありそうですね〜

楽しみです!



そして何が驚いたって、メルボルンカップ(GI) で日本馬が1,2着独占したってこと!!

これが1番の驚きです〜



●メルボルンカップ(GI)


1着 デルタブルース

3:21:42

2着 ポップロック

3着 Maybe Better

41/2


第85回凱旋門賞(GI) [怪しい競馬]

第85回凱旋門賞(GI)

(PRIX DE L'ARC DE TRIOMPHE)
 DEEP IMPACT 父Sunday Silence(USA)
 1.DEEP IMPACT(JPN)
牡4 武豊 59.5
 HURRICANE RUN 父Montjeu(IRE)
 2.HURRICANE RUN(IRE)
牡4 Kieren-Francis Fallon 59.5
 SHIROCCO 父Monsun(GER)
 3.SHIROCCO(GER)
牡5 Christophe Soumillon 59.5
 PRIDE 父Peintre Celebre(usa)
 4.PRIDE(FR)
牝6 Christophe P.Lemaire 58
 RAIL LINK 父Dansili(GB)
 5.RAIL LINK(GB)
 牡3 Stephane Pasquier 56
 SIXTIES LCON 父Galileo(GB)
 6.SIXTIES ICON(GB)
 牡3 Lanfranco Dettori 56
 IRISH WELLS 父Poliglote(GB)
 7.IRISH WELLS(FR)
 牡3 Dominique Boeuf 56
 BEST NAME 父King's Best(USA)
 8.BEST NAME(GB)
牡3 Olivier Peslier 56


何度も言いますが、ワシはディープインパクトを 見に来たわけではありませんよ。 ワシが見に来た凱旋門賞に、たまたまディープ インパクトが出るというだけの話です(笑)

さて、その凱旋門賞。
6レースの頃からパドックに向かいました。
ワシは一般ではなく検量室などを見ることができる特別エリアで見ました。
でもすぐ隣で雨あがりの蛍ちゃんと合田さんがTV中継をまさに始めようとしていたのと、
晴れてきて背中から太陽の光を浴びることになり、暑くて場所を移動。
同じエリアの2階部分で、イギリスのテレビクルーがいるあたりにいました。
ちょうど横断幕の脇あたりかな。木が日よけになって見やすかったです。
騎手が騎乗して1周したところで席に戻って、どこで見ようかなぁと考えたのですが、結局下で見ることにしました。
地元の人と「Good Luck」とか言い合ったりしながら(笑)発走時間を待ちます。
いつもなら…場内アナウンスでSHIROCCOHURRICANE RUNの名前が呼ばれると、メインスタンドから日本のGI並みの大歓声が!
日本人も大挙押し寄せましたが、地元の人も相当来てるようです。
日本人を除いたとしてもかなりの人でしたからね。
あぁいつもならあの辺で見てるのになぁ・・・などと思いながら、レース開始を待ちます。

さて、レースの内容については日本でもテレビ中継がありましたし、とやかく言いません。
もともとワシはディープインパクトが勝つとは思ってませんでしたしね〜(笑)
いや、正直いうと、ぶっちぎりで勝ってしまうかもしれないとは思ってましたけど…
でも、後ろからきたPRIDEにまで差されるとは思いませんでしたね。
そのあたりが斤量差だったり、久々だったりした影響でしょうか。もしくは“らしくない”いいスタート&ペースメーカーのいないスローペースも悪かったのかねぇ(汗)
でもまぁワシはもともとぶっつけ本番というローテは批判してきましたが、着順はともかくライバル視していたSHIROCCOHURRICANE RUNには先着しているわけで、結果的にはあながち間違った選択だったともいえないでしょう。
ただ、ゴール前差し返すような感じがあったのに伸びなかった…全力を出し切ったレースとは見えないだけに、見てる側としては悔いが残ります。
これ以上たら・ればを言ってもはじまりませんので…
HURRICANE RUNは直線で前が塞がって、いったん外へ出してからの追い込みだったのが響きましたね。
SHIROCCOは晴れた馬場でしょうか。前日の夜中大雨だったと聞いていたので、それほど心配ないと思ったのですがね。

レース後引き上げてくるディープインパクトと武騎手ともかく、日本いや世界の競馬の歴史を変えることはできませんでしたが、関係者のみなさんお疲れ様でした。




ゴールした瞬間の地元フランス人の喜びようといったらなかったです。
いつもの年ではみたことのないような歓喜の声と飛び上がる人々!
優勝したことの喜びと、大勢の日本人とディープインパクトに対して「ざまぁみろ!」って気持ちもあったのかな〜(笑)
レース後は何人ものフランス人に「よくやったよ」というような言葉をかけられたり肩を叩かれたりしました。
ワシは別にディープインパクト目当てで来たわけではないのですが、一応日本人として泣くマネをしてみたり、落ち込んで見せたりしてコミュニケーションをとりましたよ(笑)


勝って戻ってきたRAIL LINKとパスキエ騎手最後に、

勝ったRAIL LINK


おめでとう!

続きを読む


ロンシャンにて [怪しい競馬]

ホテルに着いたのが10時ちょうどくらい。
そしたら、もうフロントに日本人の集団がたくさん!
ワシの参加するツアー以外にも、いくつかのツアーの宿泊先になってるようです。
まぁGare de Lyonの駅隣接のホテルですから、日本人観光客向けでもありますからね。
んで、着くなり名前を呼ばれましたよ。
出発を30分早めたんだそうです。
しかも、例年途中みんなでレストランで食事をしてからのんびり1時くらいに着く予定なのに、みんな早く行きたいそうで、食事から弁当に変えてロンシャン直行だそうです(汗)
でもこれは正解で、今年は開門11時で、それを待ちきれない日本人がたくさん並んでるとか(大汗)

なるほど競馬場に着いたら、今まで見たことないような人だかり!!
こんな光景は初です!
まぁ我々は前もって入場券を持っているので、すんなり入れました。
入ったらまずお姉さんがレープロを手渡してくれるのですが…
なんと、この時点ですでになし!!(大汗)
まぁワシは穴場を知っているので、そこで難なく手に入れられましたが、いやぁ想像以上のようです(苦笑)
入り口中央で出迎えてくれるのがこの光景。
これを見るとロンシャンに来たぁ!って気になります。
時間帯によってはこの芝生の上でいろんな演奏が行われていたりします。



長蛇の列今年日本人が大勢押し寄せるということで急遽日本人向けの案内所や英語窓口がわざわざ作られたようで、ディープインパクトの単勝馬券の買い方なんかを教えていたようです。
ここも午後2時過ぎにはこんな感じ。
いつもより人は多いと思いますが、それに輪をかけて大量の日本人。
こんな光景見たことありません。
移動するのも一苦労でした。

帽子の女性たちこの日は帽子をかぶった女性がたくさんいます。
なぜなら、誰が一番美しい帽子をかぶった女性か…のコンテスト(?)があるんです。
なので、女性は華やかな人が多いんですよ。
あ、日本人でわざわざ着物を着て来てる女性の方も何人かいました。
自分で着付けできる人なんでしょうね〜

ゴール側の眺めさて席ですが、いつもならゴール前の指定席なのですが、今年は取れなかったらしく、よりによって一番端。4コーナーに近い側になってしまいました(苦笑)
ご、ゴールが遠い…
とはいっても直線の真ん中辺りなのですがね。



正面の眺め正面見るとこんな感じ。
これは1レースのカドラン賞(GI)の1周目です。
このレースは堅いでしょう!





当たり馬券難なくゲットしました!
まぁ勝ったのは結局このレースだけだったんですがね(苦笑)
これは「COUPLE GAGNANT」。日本でいう馬連です。
今回は日本人向けにわざわざ馬券購入用の専用用紙を作ったとか。日本を出る前に日刊スポーツで見ました。
まぁ馬券の種類がいっぱいあるし、トラブル防ぐためにはいいかも。
ワシはそのフォーマットの用紙は使わず、切れっぱしの紙に書いて見せて買いました。
その辺はもう慣れてますんで(笑)
柵まで近寄ると次の2レースは多頭数でグループレースでもなかったので馬券は買わず。
なので柵のところまで行って近くで見ることにしました。
ん〜この距離で見るのは久々かも!


次の3レースはかつてアグネスワールドも勝ったことがある1000mのアベイドロンシャン賞(GI)。
あのときワシはレース見てないんですよねぇ…
ちょうどおみやげとか買いに行ってて(爆)
どうも場内で「ユタカタケ!ユタカタケ!」って連呼が聞こえるなぁと思ったら買ってた…って感じです。

まぁこのレースは向正面の直線レースなので、ほとんど見えませんのでね。
今年もパス。
その次の4レースがメンバー的にも準メインであろうオペラ賞(GI)。
このレースは英オークス(GI)、愛オークス(GI)、そしてヨークシャーオークス(GI)と3つのオークスを勝ったALEXANDROVAと、前走ヴェルメイユ賞(GI)を勝ったMANDESHAの一騎打ちであろうと読んだのですが、結果は間に1頭入ってしまい、1着3着…ハズレでした。
5レースはマルセルブーサック賞(GI)、6レースはグランクリテリウム(GI)と2歳馬のレースが続きます。
今年はまだ2歳馬の動向をチェックし切れておらず、情報不足で当たる気がしなかったのでパス。
6レースの時にパドックへ移動して、本番の各馬を間近で見る準備に入りました!

そしていよいよ凱旋門賞のとき…
ま、それは日本に帰ってからゆっくりと書きます(爆)

ハーツクライは3着 [怪しい競馬]

いやぁ、キングジョージ…

まぁ正式(?)には

「キングジョージVI&クイーンエリザベスダイアモンドS(GI)」です。



直線でいったん先頭!直線向いたときはおぉ!!っと思いましたがね。

そんなときワシが叫んだ言葉は…

やっぱり









Hurricane Run差せ!!」 でした(爆)

ん〜出走を決めたときから、ドバイも勝ってるハーツクライなら勝ってもいいかなぁと
思ってましたが、やっぱりHurricane Runには凱旋門賞まで負けてもらいたくないわけですよ。



内から2頭に差される!んで、自然と叫んでしまいましたよ。直線の間ずっと…

たぶんお隣さんに丸聞こえだったろうなぁ(汗)











3着でゴール!結果としてワシの叫びが届いたのか(笑)

Hurricane Runが1着。

ハーツクライは、最後直線で2頭に交わされて3着に終わりました。

いや、でも合田さんもおっしゃってたように、いいレースでした。

最後の直線はホントに見ごたえがありましたし、キングジョージにふさわしい内容だったと思います。

ドバイシーマクラシック(GI)のように意表をついたレースではなく、

正々堂々完璧なレースをして、なお上に2頭いたってことです。

そのあたりの直線でのタフさが欧州の強い馬ってことでしょうか。



ってかね、橋口調教師…



「今度ジャパンカップに来てほしいね、この2頭には」
とおっしゃってましたが…

動向が見えないElectrocutionistはともかく、
Hurricane Runは凱旋門賞行くわけですよ。

自分はさっさと帰国してジャパンカップ1本に備えておいて、ライバルには凱旋門賞に出てから来いと?(苦笑)

しかもホームだから勝てるって…

雪辱したい気持ちはわかりますし、力は五分に近いと思いますけどね。

Hurricane Runは仏調教馬だから、今回はハーツクライと同じアウェイのはず…

だったら、ハーツクライも凱旋門賞に出そうよ〜

不公平だ(笑)



しかし前走敗れた不安も吹き飛んだし、

これで凱旋門賞が楽しみになったぞ〜!!



●キングジョージVI&クイーンエリザベスダイアモンドS(GI)

1着 Hurricane Run

2:30:29

2着 Electrocutionist

1/2

3着 ハーツクライ

1/2


Hurricane Run負けていたのか… [怪しい競馬]

ちょっと個人的な幸せのため(爆)

少しの間海外競馬の情報を見ないでいたら、

なんとHurricane Runが敗れていた!

今週の競馬ブックを読んで知ったわけですよ。

お、遅すぎ…(汗)

いやぁロイヤルアスコットだけは結果のチェックはしていたんですが、それ以外ちょっと見なかったら…

前走は7馬身差とはいえわずか3頭立て、今回のサンクルー大賞典もこの馬の出走で6頭立て。

まだレース内容を見ていませんが、競馬ブックを見る限り、ちょっと足元をすくわれたって感じかな。

しかし、キングジョージは大丈夫かねぇ…

英ダービー馬のSir Percy、愛ダービー組は出てくるのか…

ハーツクライは凱旋門賞へは出ないとか言ってるし!



愛ダービーを勝ったDylan Thomasに期待しようかな。

他の英ダービー上位組は着順はそれなりだが、着差が結構あるのをどう見るか…

そういやワシは去年Hurricane Runが愛ダービーを勝ったときには、まだShamardalの方に期待してたなぁ…

彼ら上位組が、秋にも成績どおりの走りをしてくれることに期待します。



●愛ダービー(GI)


1着 Dylan Thomas

2:29:70

前走:英ダービー3着
2着 Gentlewave

31/2

前走:伊ダービー1着
3着 Best Alibi

11/2

前走:英ダービー6着
4着 Dragon Dancer

11/2

前走:英ダービー2着
5着 Darsi

1/2

前走:仏ダービー1着

ラムタラ放出 [怪しい競馬]

各スポーツ紙にも載ってましたが、とうとうラムタラを売却することに決めたようですね。
いい判断だと思います。
産駒が走らないからといって、他の種牡馬同様に窓際へ追いやるのは世界的名馬に対して失礼というもの。
また、ワシを海外競馬へと導いたダンシングブレーヴのように、死んでからでは遅いのである。
この判断は喜ばしい。
競走馬として優秀であることと、種馬として優秀であることは必ずしもイコールではないが、ならば種牡馬として失敗したときは、おとなしく本国へ帰してあげるべき。
名馬の墓場と言われた過去の過ちを繰り返すことなく、売却を決めた判断には敬意を表したい。
ヨーロッパへ戻れば、また違った形で名馬を生むチャンスもあるでしょうし、
余生を送るにしても、やはり英国で過ごさせてあげるべきだと思います。

凱旋門賞はいいけれど [怪しい競馬]

ロゴディープインパクト…

なぜ宝塚記念に出る必要がある?? まったくもって理解できない。

確かにタップダンスシチーは宝塚→凱旋門賞だったよ。
まぁ本番でも2,30人くらいのシチー応援団が来ていましたが、彼らの掛け声むなしく惨敗しましたがね(苦笑)
そして天皇賞→凱旋門賞へ直行したマンハッタンカフェはレース中に故障して惨敗…
考えたら両方とも生で見ている割にはちぃとも眼中になかったな(爆)
それは置いといて(笑)


本気でヨーロッパに遠征する気があるなら、やはりエルコンドルパサーのように腰をすえて遠征してほしかったなぁ…
天皇賞でパフォーマンスとしても実績としても国内最強であることを示すのはいいとして、
ワシ的には

なんでまだ日本にいるの?
て感じです
だってもう勝負付けの済んだ相手とやるだけじゃない。
何の意味がある?
重馬場が苦手ではないでしょうが、なにも好き好んで雨の多い凱旋門賞1本に照準を合わせなくてもいいんじゃないのかねぇ。
絶対にヨーロッパの芝に合う走りをしてると思うので、
ぜひキングジョージから出走し、秋にはフォワ賞(G2)でもいいが愛チャンピオンS(GI)で中距離戦線の馬とも激突し、そこから凱旋門賞もしくはBCターフ(GI)へ進めばいいのでではないでしょうか…
もっとハッキリ一言で言えば、

凱旋門賞だけじゃ
世界最強とは呼べない と言いたい…
もちろん陣営もオーナーも世界最強を目指しているわけではないでしょうけどね。
でもたった1戦でも、勝ったら「世界最強」とマスコミやファンは騒ぐでしょう。
もちろんそれだけのレースですから。
それをある程度継続参戦して数レースやれば、その中で勝ち負けがあったとしても絶対的な評価が得られるはず。
有馬記念でたった1度ディープに勝ったからといって、ハーツクライが日本最強馬だ、という意見には多くの人が疑問符をつけるでしょう。それと同じ。
ディープインパクト級の馬であれば、誰にも文句のつけようのないくらいの強さを継続して示して欲しい!
まぁ、もし無理でもハーツクライの方がやってくれるかも?

欧米GIの結果 [怪しい競馬]

欧米クラシックがスタートしました。


ケンタッキーダービー(GI)は

密かに注目していた無敗のBarbaroが勝った〜!

6馬身半の圧勝!!

でも2着は伏兵のBluegrass Catだった…

この馬重賞出てたかな(汗)

競馬ブックで見たとき前売り1番人気だったBrother Derekは4着同着。ん〜プリークネスS(GI)では巻き返せるかな?



●ケンタッキーダービー(GI)


1着 Barbaro

2:01:36

2着 Bluegrass Cat

6 1/2

3着 Steppenwolfer




英2000ギニーは昨年のナショナルS(GI)、フィーニックスS(GI)の勝ち馬George Washingtonが勝った。

勝たれてみると、さすが欧州2歳王者でしょうかね。

でも今季初戦の馬が多い2000ギニーを当てるなんて、ワシにはできませ〜ん(笑)

2着のSir Percy(昨年のデューハストS(GI)の勝ち馬)とともに、たぶん愛2000ギニーに行くと思いますが、この路線の主役になれると思いますよ。

着差以上の圧勝でしたわ。

今年は2歳時の成績をそのまま評価してもいいのかな〜



●英2000ギニー(GI)


1着 George Washington 1:38:86
2着 Sir Percy 2 1/2
3着 Olympian Odyssey 1 1/2




英1000ギニーはどうなったのでしょうか。

こっちも実績馬をそのまま評価してもいいのかどうか…

え、移籍? [怪しい競馬]

何が驚いたって…

「ユートピア、ゴドルフィンへ移籍」
ですよ。
いやぁいかにドバイでゴドルフィンマイル(G2)に勝ったとはいえ、ゴドルフィンが目をつけるほどの馬だったんですねぇ、この馬…
正直あまり興味なかったなぁ(爆)
ダート路線は我がフサイチコンコルド産駒のブルーコンコルドくらいしか…(汗)
カネヒキリだって、正直あのくらいの着順だと思ってたしねぇ。
しかし史上初のこの出来事。
日本調教馬の評価が高まったことのあらわれともとれます。
今後の走りが注目されますなぁ。
ってか今までオファーが来た馬ってあったのかねぇ。
その辺が興味深いわ。

ディープインパクトの海外遠征が注目されていますが、
走りを見て、ワシに「きっとヨーロッパでも走るだろうなぁ」と思わせたのは
サクラローレル以来です。
当時も「もしどこでもドアでフランスにいけるなら勝てる!」と断言したものです。
(それすなわち、海外遠征の経験不足で力を発揮できずに終わるだろう…っていう意味の裏返しなんですがね)
いろんな馬の遠征で経験も積んだ今、これまでの集大成としてきっと彼なら勝ってくれるでしょう。
そのためには…やはり今年の3歳馬のレベルと、HURRICANE RUNの動向がカギですかね。
それでもやっぱりゴール前で

「HURRICANE RUN差せ!!」
と叫ぶんだろうなぁワシは(笑)
その辺のマナーも何もないミーハー競馬ファンのお子ちゃまたちよ、
日本でおとなしくテレビ観戦しててね〜


金杯観戦 [怪しい競馬]

京都駅に着いたのは朝6時半。
いつもは6時前に着くバスに乗るのですが、今年は仕事上無理だと思い、1本遅いバスにしたのです。
着いた時間も遅いので、指定席はどうかなぁと思いましたが、ギリギリで特A指定席が取れました。
特Aは建物の中で待つことができるんですよ。
なので、暖房効いた中でコンビニで買った朝飯が食えます〜
んで、買った焼きそばを食べ始めるやいなや、「これから整理券番号順に並んでいただきます」とのアナウンスが(汗)
時間遅かったから仕方ないか。焼きそば半分残して袋にしまい、並ぶ。

特A指定席整理券もらったとき「ゴール板過ぎますがいいですか?」と言われてたのですが、もらった席はまぁまぁ。距離がある分、そんなに悪くない席でした。





ライスシャワー碑その後、初詣をしに馬頭観音へ(笑)
・・・え?
もっと有名な神社仏閣が たくさんあるって?
そのようなツッコミの受付は終了しております(爆) 10円入れてお参りした(何をお願いしたかは内緒〜)あと、隣のライスシャワー碑へ。
ワシはこの馬の最期となった宝塚記念も見てるんですよねぇ・・・
彼にも今年1年の無事を祈りました。

ししまい中央競馬初日となるこの日は、毎年鏡割りをして振舞い酒があるんですよ。今年はそれに加えて獅子舞がいました。




さてレースですが、1レースから見事ゲット!
今年は幸先いいな〜なんて思ってたら、2〜5レースまで連続ハズシ(苦笑)
ま、こんなもんかな。
牛丼けんちん汁生野菜お昼は競馬場に来たらこれでしょう。
吉野家の牛丼(笑)
去年も福島で食べたなぁ。
んで冬で寒いので、けんちん汁とサラダも一緒にね。


んで2勝6敗で迎えた9レース。
その名も「初夢賞」
こういう縁起のいいレースはぜひとも当てたい。
有力馬が何頭かいた中でリキアイサイレンスを選択。
が、スタート直後落馬!! なんたる不幸・・・ 新年早々縁起が悪いぞ〜(大汗)
次の寿ステークスは当たったので、なんとかイーブンにしたかなと思ったのもつかの間、
メインの金杯も人気馬総崩れの万馬券でボロボロ(苦笑)

当たり馬券3枚結局当たったのは3レースのみ。
まぁこんなものかなぁ。でもテンション下がるわ・・・
帰りのおけら街道には空は晴れてるのに雪が降ってくるし(涙)
はぁ・・・
前の30件 | - 怪しい競馬 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。